明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

明治大学 経営学部 准教授 菊地 端夫

ゲーテッド・コミュニティには、これからの日本社会を考えるヒントがある

 しかし、ゲーテッド・コミュニティの実態はそれだけではありません。実は、ゲーテッド・コミュニティの多くは都市部ではなく、郊外につくられています。アメリカの社会階層の構造は、都市と郊外で大きく分れます。また、アメリカには日本でいう市町村が存在しない地域がたくさんあります。そういった地域は、日本でいう都道府県が直接行政を行っているため、きめ細かいサービスは難しくなってしまうのです。そこで、ゲーテッド・コミュニティには、そうした地方自治体が担うサービスの領域を、自分たちでマネジメントする自治機能があるのです。もともとアメリカは、Home Owners Association(住宅所有者組合)という、日本でいうマンションの管理組合のような組織の力が強いのですが、ゲーテッド・コミュニティでは、住民たちからの管理費を基に、コミュニティ内のゴミ収集、道路や公園、プールなどの共有施設の管理を行っています。その活動は、時に私的政府(Private Government)と呼ばれています。

 実は、日本では、ゲーテッド・コミュニティをつくることは、建築基準法上できません。住宅地は原則、「道路」に接道していなくてはいけないと規定されているからです。また、使用料の安い市民プールや市民体育館、市民テニスコートを誰もが気兼ねなく利用できる日本では、ゲーテッド・コミュニティの仕組みにも学ぶことは少ないように思えます。しかし、少子高齢化、低成長時代に入った日本で、いままでのように様々なサービスや管理を全て行政に任せていては、財政難によって、質的にも量的にも持続可能ではなくなってきます。そこで、官だけでなく、企業やNPOなど多様な民が一体となって、住民サービスや地域の価値を高める様々な活動を起こしていくエリア・マネジメントが議論されています。ゲーテッド・コミュニティには、そうしたエリア・マネジメントを考える上で貴重なヒントがあるのです。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

2020.01.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

2020.01.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

人気記事ランキング

1

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

3

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム