明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

トランプ支持者たちに本当の救いはあるのか!?

廣部 泉 廣部 泉 明治大学 政治経済学部 教授

アメリカのトランプ政権の誕生は、世界の歴史が大きな転換期を迎えていることを象徴する出来事だという指摘があります。それはどういうことなのでしょうか。また、外交の基軸をアメリカにおいている日本にとって、その転換期にあたってどのように対応していくべきなのでしょうか。

トランプ政権は、21世紀の新たな分断の象徴

 トランプ政権の誕生は、アメリカ社会の分断を象徴した出来事といわれます。確かにそうなのですが、実はアメリカ社会の分断はいまに始まったことではありません。例えば19世紀、東海岸に住む富裕層は高級紙を読んで様々な情報を得て暮らしていましたが、西部に住む人たちは毎日の労働に追われ、大都市で発行されていた新聞などを購読することもなく一生を送っていました。互いの交流などもなく、まさに分断された人たちが、選挙になれば、それぞれが頼みとする候補者に票を投じていたのです。こうした状態に変化が起きたのは、1920年代に入り、ラジオ放送が始まったことです。住んでいる地域や経済力にあまり関係なく、みんなが同じ情報に接するようになったのです。第2次世界大戦後になると、本格的にテレビの放送も始まりました。現代のような多チャンネルではありません。国民みんなが、ABCやNBC、CBSといった同じ放送を見聞きするようになったのです。このような状況は、20世紀の末ぐらいまで続きます。つまり、20世紀後半の半世紀ほどの期間は、アメリカの歴史上まれにみる、国民みんなが同じようなものを見聞きし、同じ情報に接していた時代と捉えることができるのです。ところが、その時代から現代に生きる私たちは、この状態が当たり前だと思ってしまいました。しかし、それは歴史上まれにみる状態であり、21世紀に入り、アメリカが分断に戻っていく様子を目の当たりにしているともいえるのです。その要因となったのが、急速に発達したインターネットです。一人ひとりが、自分の見たい、聞きたい情報や意見だけに接し、自分と気のあった人とだけ交流する、そのような新しい形で生まれる分断が進み始めたのです。その意味で、ネット選挙といわれた戦略で誕生したトランプ政権は、まさに、この新しい分断を象徴しているといえるかもしれません。

 この新たな分断が、20世紀以前の分断と比べて恐ろしいのは、一人ひとりが関心をもつ情報が偏るということだけでなく、その情報が本当なのか嘘なのかということに、まったく意味がないということです。例えば、トランプ大統領の就任式に集まった人々は、オバマ氏のそれに比べて少なかったと、メディアがデータを示しても、トランプ大統領がメディアは嘘をついていると言えば、支持者たちはトランプ大統領の言うことを信じるのです。つまり、自分たちにとって都合の良い情報であることに意味があり、それが真実か否かは重要ではないのです。こうした動向は、気の合う者、同じ価値観をもつ者による内向きの社会状況を生み、それは保守主義的な社会を形成していきます。これは、アメリカだけの状況ではなく、ヨーロッパ各国で台頭する保守的なナショナリズムにも感じられます。20世紀に2つの世界大戦を経験した世界は、多様性を認めあい、グローバル化、連携化へと進み始めたはずでした。しかし、他者との関係性よりも、自分が思ったようにすれば良い、自分の望んだようにすれば良い、という流れが大きくなると、世界はまったくがらりと変わってしまうかもしれません。その意味で、トランプ政権の誕生は、世界の歴史が大きな転換期を迎えていることの象徴であるといえるかもしれないのです。

国際の関連記事

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
差別、格差、貧困の問題と、環境の問題は繋がっている

2022.11.16

差別、格差、貧困の問題と、環境の問題は繋がっている

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

2022.7.20

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

2022.2.25

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • タンシリトンチャイ ウィライラック

新着記事

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

人気記事ランキング

1

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事