明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

トランプ支持者たちに本当の救いはあるのか!?

明治大学 政治経済学部 教授 廣部 泉

いま、トランプ大統領が行っているのは支持者を喜ばすこと

 また一方で、トランプ政権の誕生はアメリカ国民の経済格差による分断を象徴するものでもあります。日本では反トランプの動きが大きく報道されますが、それは、日本のメディアが会ったり、付き合うアメリカ人は、都市部に住み、ある程度の教育を受け、所得も高い人たちだからです。中西部の州で、工場の撤退などにともなって失業したり、低賃金で働かざるを得ない人たちにとっては、世界の歴史の流れや多様性など、まったく意味がありません。カツカツの週給で働き、いつ首を切られるかわからない彼らにとっては、きらびやかなハリウッドのスターが反トランプを訴えることにすら、苛立ちや怒りがあるのです。実は、20世紀後半はアメリカの歴史上まれにみるほど国民に一体感のある状態であったとともに、世界大戦で疲弊したヨーロッパや日本に比べ、アメリカは相対的に最も余裕があり、力のある時代でもありました。ところが、いまのアメリカにはそんな余裕はありません。祖父や父は豊かな生活をしていたのに、自分はどんどん貧しい生活になっていく。それがアメリカの労働者たちの本音であり、実状なのです。そういう状態の人たちは、クリントンではなくトランプを大統領にするほど、アメリカ全土にたくさんいたのです。

 いま、トランプ大統領は選挙公約を守り、こうした自分の支持者たちを喜ばすことに懸命になっています。日本に対しても、為替を操作しているとか、TPPから離脱し2国間協議をするなどと言っていますが、いまの段階ですべてを真に受けて反応する必要はないでしょう。戦略的に発言しているというよりは、支持者向けのスピーチと考えられます。日本の為替操作発言には根拠がないし、TPPには対中国戦略という重要な意図があるので、内容はそのままに名称を変えた形で交渉が復活する可能性があります。いま日本としては、実際の交渉に備えた準備をしておくことが重要でしょう。

国際の関連記事

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

2018.10.3

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 溝辺 泰雄
「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

2018.8.1

「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

  • 明治大学 文学部 教授
  • 大畑 裕嗣
アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

2018.7.25

アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 柿崎 繁
気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

2018.7.18

気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 塩津 文隆
イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

2018.4.18

イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 山岸 智子

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.10.17

「マジョリティ」が創り出す「他者」としてのLGBT?

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

2018.10.03

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

2018.09.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム