明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

日本にもエスノグラフィーの波が来る!?

藤田 結子 藤田 結子 明治大学 商学部 教授

皆さんは、“エスノグラフィー”をご存じでしょうか。もともとは、文化人類学の研究者にとって、未知の民族などを研究するときに用いられた調査方法のことです。この学究のための手法が、いま、ビジネスの世界で脚光を浴びるようになっているといいます。

欧米ではすでに成果を上げているエスノグラフィー

藤田 結子
ゼミでのディスカッション風景
 エスノグラフィーは、民族(ethno)と、記述(graphy)を意味する言葉で、欧米の文化人類学者がオセアニアやアフリカなどの(彼らにとって)未知の民族を研究する際に、現地の人たちの中に入り、暮らしを共にして、彼らの生活や暮らしぶりを体験しながら、観察を行い記録する調査方法として用いられました。文化人類学は、エスノグラフィーと二人三脚のように発展していったと言えます。その後、エスノグラフィーは社会学など社会科学の分野で広く応用されるようになっていきます。私の専門は社会学ですが、アメリカ・コロンビア大学の大学院で研究していたとき、エスノグラフィーの技法をトレーニングする授業がありました。こうしてトレーニングを受けた学生は、その後、学界のみならず、ビジネス界でも活躍しています。ところが日本では、エスノグラフィーの技法を実践的にトレーニングする授業は非常に少ないのが実情でした。ところが、欧米ではエスノグラフィーがマーケティング分野で成果を上げていることが日本でも知られるようになり、日本の企業のエスノグラフィーへ対する関心が高まりました。

キャリア・教育の関連記事

哲学は現実離れしたもの?

2021.9.3

哲学は現実離れしたもの?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.7.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 坂本 祐太
コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.6.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム