明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人間と社会を繁栄させるICTの開発と利用 ―求められるポリシーの確立―

明治大学 商学部 教授/ビジネス情報倫理研究所所長 村田 潔

技術の両面性

村田潔教授 今日の情報通信技術(ICT)の進展は、私たちの日常生活に様々な利便性を提供している。しかし、その一方で、それに伴う目に見えないリスクも増大している。
 私が専門としている情報倫理という研究分野は1980年代の半ばから本格的な研究が始まり、ICTの開発と利用がもたらす社会的なリスクを分析し、それに対応するためのポリシーを提案することが目的とされている。現在この分野で中心的に活動をしている研究者は世界でもおよそ200人ほどである。情報倫理研究の特徴は、ICTという技術そのものではなく、その開発と利用がもたらす人間と社会への影響に焦点を当てることにある。技術には肯定的な側面だけではなく、必ず否定的な側面もあり、そのため技術と人間ならびに社会のあり方は実に密接に結びついている。とりわけICTはマルチパーパス技術なので、それをどのように使うことが、人間と社会にとってより良いのかを常に吟味していかなければならない。この時、「良い」という価値判断をどのように行っていくかを考えるにあたって、倫理的に考えるということがどうしても必要になる。
 例えば情報セキュリティー技術は、個人情報や企業機密を守るという有益な方向に使える一方、犯罪組織の情報交換やアンダーグラウンドの取引を隠ぺいするための道具としても利用できる。したがって犯罪対策とセキュリティー保護、テロリズム対策とプライバシー保護など、社会的に望ましいこと同士が対立する問題状況について考えなければならなくなる。

IT・科学の関連記事

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 森勢 将雅
再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 相澤 守
生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ
使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.7.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太
AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

2019.5.29

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 横山 大作

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

人気記事ランキング

1

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム