明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

湯淺 幸代 湯淺 幸代 明治大学 文学部 准教授

光源氏も権力から疎外された者

 「伊勢物語」の後に作られた「源氏物語」にも、同じような構造があります。

 まず、主人公の光源氏は、ときの帝に最も寵愛された更衣の息子であり、天皇にふさわしい容姿や才能がありながら、右大臣家の娘である弘徽殿女御が先に産んだ皇子が東宮となり、源氏は臣籍に降ろされます。華やかなイメージをもたれる光源氏も、実は、権力から疎外された者なのです。

 また、「伊勢物語」の主人公と同じように、源氏も父帝の后となる藤壺と密通し、子を成します。その子が皇位に就くことで、源氏の閉ざされていた栄華の道が開けます。その意味では、現実社会では難しかった、権力から疎外された者が復権する物語でもあるわけです。

 物語の中の右大臣家と弘徽殿女御は、現実の藤原氏と、藤原氏から入内する娘たちを象徴しています。その弘徽殿女御たちに睨まれ、源氏は都を離れて須磨に流離します。

 その間、右大臣家が権勢をふるい、宮中を牛耳りますが、その時代を、作者の紫式部は良い時代のようには描いていません。みんなが嫌な思いをしている、と表現するのです。

 さらに、実際の藤原氏の権力構造の基盤には娘を后にする戦略がありますが、物語の中では、右大臣家から后(中宮)が出ることはなく、三代続いて源氏(王族)から后が出ているのです。これは、政略結婚に対する批判があるとともに、紫式部の中に、理想の后像があったと考えられます。

 例えば、帝が新たな皇嗣として期待する皇子を生んだ藤壺は、東宮(第1皇子)の母である弘徽殿女御をおさえて先に后に立ちます。現実には、東宮の母を越えての立后は、歴史上にないことです。

 では后になった藤壺はどのような女性かというと、父親は先帝であり、母親もその后なので、身分は申し分ありません。つまり、紫式部にとって、后は帝と並び立つ存在であり、王族にその資格があると考えていたのでしょう。

 藤原氏という、もともと臣下の家の、しかも当時の一条天皇の后たち(定子・彰子)のような十代前半の幼い后では、その役割を充分に果たせないということなのかもしれません。

 紫式部自身、入内した藤原道長の娘である彰子の家庭教師のような立場でしたが、彰子を帝と並び立つ理想の后にすることを目指していたのかもしれません。

 一方、光源氏の数々の恋愛は彼自身が成長していくのに従い、その場限りの気ままな恋愛ではなく、相手の女性を気遣い、最後まで面倒を見ていく関係になっていきます。逆に、政略的な結婚である、葵の上や女三の宮とは上手くいきません。

 こうしたストーリーは、女性作家ならではの視点で恋愛を表現していると言えると思います。

 また、私たちは千年前から変わっていないことを教えてくれる、女性作家ならではの視点は他にも感じます。

 例えば、自分以外の女性と同時に恋愛する光源氏に対して、女性たちには不満や嫉妬があります。しかし、当時の貴族の女性がそれをあからさまに口にすることは、はしたないことでした。

 ところが、桐壺帝以前に亡くなった東宮の妃であり、女性として高い地位とプライドのあった六条御息所は源氏の愛人となり、あるとき、源氏の正妻である葵の上の一行から屈辱的な扱いを受け、悔しさのあまり生き霊となります。

 そして、葵の上を取り殺し、自分自身が亡くなると、今度は怨霊となって紫の上に取り憑きます。

 実は、女性が怨霊化する物語はそれまでありませんでした。紫式部は、なぜ、女性を怨霊にしたのか。

 実は、六条御息所は死んで怨霊となると、解放されたかのように多弁になるのです。つまり、紫式部は、女性を怨霊にすることで、男性に対して恨みを言い、憎い相手を呪うなど、言いたくても言えなかった女性の本音を代弁させているのです。

 実は、葵の上にも、紫の上にも、やはり、口に出せない悩みや不満の高まりがあり、それが六条御息所の思いと共振したかのように取り憑かれるわけです。それも、女性作家ならではの視点と言えます。

 登場人物たちのこうした思いや行動、生き様は、千年前のことだからではなく、実は、現代に生きる私たちと変わらないのではないかと思います。

 「源氏物語」の冒頭の、桐壺更衣がいじめを受ける話などは、まさに現代的です。また、「伊勢物語」や「源氏物語」の根底にある、個人が一度レールから外れると復権しにくい社会構造も、実は、変わっていないのではないでしょうか。

 逆に言えば、いま、逆境にいる人も、それは自分だけではないこと、孤独ではないことが、古典を通してわかります。

 千年前から、私たちには様々な困難があり、それでも、人は新たな生き方を模索し、それを応援する人がいることを、古典は教えてくれるのです。

 実は、「源氏物語」の中で、玉鬘という女君は、数奇な自分の境遇に対して、同じような人はいないか、物語を読んで探します。物語をこうした思いで読むことを、紫式部は意識しているのです。

 また、源氏が須磨に流離しているときに会った明石入道は、自分の孫娘が入内し、男児を出産したことを知ると、本懐を遂げたと、現実社会の藤原氏のように権勢をふるうことを考えるのではなく、妻や娘に遺言書を遺し、身を整理して山に入ります。

 カルチャーセンターなどで、この話を解説すると、高齢の方々は真剣に聞き入ります。自分の身の引き際を知り、まさに、立つ鳥跡を濁さず消えていく明石入道に、ご自身を投影しているようです。

 古典は何度でも読み直せます。年を重ねてから読むと、若いときにはなんということもなかった話や登場人物に感銘を受けることもあります。人は、いくつになっても、年相応の喜びや悩みがあるからでしょう。それが自分だけの喜びや悩みではないことを、古典は伝えてくれるのです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.7.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 坂本 祐太
コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.6.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎
数字が動く図やグラフになると、数学の世界が広がり始める

2020.10.7

数字が動く図やグラフになると、数学の世界が広がり始める

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 阿原 一志

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム