明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

目的を見失わないことがビジネスコミュニケーション能力を高める

明治大学 経営学部 准教授 金子 敦子

異文化を意識してコミュニケーション能力を鍛える

金子 敦子 職場で人間関係をどう回していくのかということも、ビジネスコミュニケーションの重要な側面です。離職の大きな要因は職場の人間関係だといわれています。

 職場にも安心できる雰囲気は必要ですし、よい人間関係を保つための礼儀正しさも必要でしょう。だからといって、何もかも分かり合ったり、通じ合うようなコミュニケーションを求めるのは、やりすぎかもしれません。

 もし、部下とコミュニケーションがとれないと悩んでいるならば、もしかすると、部下とのコミュニケーションに過大な期待をもっているからかもしれません。

 緊急事態ではない日々の業務において、まずマネージャーに求められるのは、人間関係に大きな揉めごとをおこさず、課題を達成することです。

 一方、若手社員も、上司に対して、なんでもわかっていることを期待するのは現実的ではありません。

 上司は経験や情報も多く、よい解決案を持っていることもあるかもしれません。でも、上司は担当者の具体的な行動を全て見通しているわけではありませんし、常に正解を知っているスーパーマンでもありません。

 組織の文化や課題の内容によりますが、担当する課題については、担当者が自分で考えることが重要で、上司には、そのためのヒントを期待するくらいのバランス感覚で良いのではないでしょうか。

 現実離れした期待を持たないこと、組織の目的を見失わないことが、職場の人間関係をこじらせないことにもつながるかと思います。

 目的を意識しながら、誰に、なにを伝えるのか、なにを聞くのか、を適切に選択する、それができる人が、コミュニケーション能力の高い人と言えるのではないかと思います。

 そのような人は、周りの人を必要以上に責めたり、必要以上に期待することもなく、周りの人たちの多様性を前提に情報を交換し、ともに課題を遂行していけるのではないでしょうか。

 コミュニケーションのテクニックやスキルだけに目を向けるのではなく、コミュニケーションの相手と、成し遂げたい目的に意識を向けてみる。そうした関わりから自分の考え方や無意識の前提に気づき、ビジネスコミュニケーション能力も鍛えられる面があると思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

数字が動く図やグラフになると、数学の世界が広がり始める

2020.10.7

数字が動く図やグラフになると、数学の世界が広がり始める

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 阿原 一志
子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.6.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 鈴木 雅博
日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.5.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

  • 明治大学 文学部 特任教授
  • 藤井 剛
「スポーツ共創」の時代

2019.1.30

「スポーツ共創」の時代

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.11

アメリカ・ファーストでは、国際経済の新たな秩序づくりはできない

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

人気記事ランキング

1

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.03.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム