明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

戸谷 圭子 戸谷 圭子 明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授

共存共栄のサービストライアングルへ

戸谷圭子教授  ――経済活動においてサービス化が進むことで、懸念すべきことはないのでしょうか。

経済・企業のサービス化が進展すれば、製造業という業態が変質していくと思われます。世の中で行われる経済活動をすべてサービスととらえ、モノを伴うサービスとモノを伴わないサービスがあるという視点に立てば、モノの提供はサービスの一形態という見方も可能でしょう。さらに、モノづくりのロボット化が進めば、ほとんどの人がサービス業に従事することになります。その際、米国などで懸念されていることが、クリエイティブ・クラスとサービス(ワーキング)・クラスの二極分化です。サービス(ワークング)・クラスはロボットよりも低い階層に位置づけられ、実際、その兆しが米国の製造業で指摘されています。
モノからコトへ、所有から利用への転換であるサービス化を進め、それに合わせた各分野も構造改革は必要ですが、それによって新たな課題も惹起されます。サービス化がもたらす二極分化の社会が幸せな社会とは到底思えません。多くの人が共存共栄するための適切なサービストライアングル、そのモデルや尺度の創造に取り組んでいきたいと考えています。

 ――本日はありがとうございました。

※掲載内容は2015年6月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

ビジネスの関連記事

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.3.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 町田 一兵
これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.9.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柿﨑 環
データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

2020.9.2

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

  • 明治大学 総合数理学部 特任教授
  • 前野 義晴

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

リレーコラム