明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

戸谷 圭子 戸谷 圭子 明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授

財務諸表に表れない企業価値

 ――先生は主に金融サービスを中心としたサービス研究に従事し、またコンサルファームを経営するなど実務家の顔もお持ちです。サービス研究に着目した経緯を教えてください。

私は大学卒業後に都市銀行に入行し、8年間勤務しました。そこで感じたのは、顧客志向やマーケティングというものが、一切欠落しているのが銀行という組織だということです。ちょうど金融ビックバンの時代で、競争が始まると言われていた時期ですが、一向に銀行自体に変革の兆しはない。そこで外から銀行を変えたいと思いコンピュータベンダーに転職、日本の金融にデータマイニングを導入するというプロジェクトを担当しました。しかし銀行の顧客情報は最初と最後しかないのです。商品購入にいたる過程で顧客が何を感じ、何を思ったかなど、マーケティングに必要な情報は抜け落ちていました。金融業界を変えるには新たなアプローチが必要と思い、コンサルファームを立ち上げ、また大学院に進学。そこで出会ったのが「サービスマーケティング」だったのです。
私が金融サービスにこだわるのは、日本の企業や経済が再生するには、経済の血液であるお金を流通させる金融の持つ力が極めて重要だからです。銀行は顧客志向のマーケティングを実践し、変わらなければなりません。その際、企業と従業員と顧客、この三者のサービストライアングルのバランスが極めて重要です。それぞれが提供している価値を適正に評価する必要があります。たとえば銀行の顧客である企業の価値は、財務諸表だけに表れるものではありません。「Emotional Value」「Knowledge Value」など、感情や情報の価値を見極める必要があります。それが先に述べた「共創=Co-Creation」の実践につながっていくと考えています。サービストライアングルの中で顧客はリソースを提供し、高品質なリソースは高品質なサービス提供を実現する、その循環が「共創」を生んでいくと考えています。

ビジネスの関連記事

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.3.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 町田 一兵
これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.9.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柿﨑 環
データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

2020.9.2

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

  • 明治大学 総合数理学部 特任教授
  • 前野 義晴

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

リレーコラム