明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授 戸谷 圭子

価値を共創する

 ――経済のサービス化の推進とは、具体的にどのようなカタチを言うのでしょうか。

従来、価値を創る主体は企業でした。企業は商品(モノやサービス)に価値を作り込み、その商品に対して顧客に多くの価値を認めてもらうことを目指してきました。顧客は、企業が作った商品に対して対価を支払い、消費する主体であると考えます。つまり、この交換価値を最大化することが経営のゴールであり、企業による価値生産と顧客による価値消費が分業される世界でした。そこではモノとモノ以外(=サービス)があるという前提があります。しかし、「サービス・ドミナント・ロジック」では、モノとサービスは深いレベルで融合します。顧客が、製品やサービスを使う過程において企業が行う活動や顧客が取る行動が価値を生み続けるという前提に立ちます。つまり企業と顧客が一緒になって価値を共創(Co-Creation)する、それによって、経営活動のゴールは交換価値の最大化に留まらず、その後の利用価値(Value in Use)を最大化することにつながっていきます。これがサービス化の推進の一つのカタチです。
たとえば、アップル社が提供しているスマートフォン「i-Phone」。消費者はモノとしてそのデバイスを求めているわけではありません。自分の使い方に合わせてアプリケーションをダウンロードし、自分なりの使い方をしています。モノとサービスが融合した「サービス・ドミナント・ロジック」、サービス化のカタチです。またジェット機のエンジンの製造販売を手がけているロールスロイス社は、かつて売り切りの販売形態でしたが、現在はエンジンが稼働している時間にチャージするという方法に転換しています。顧客の使用状況に合わせて価値を提供していくというもので、それによって顧客情報を把握し、メンテナンスや効率的運行、オペレーションなど、顧客のビジネスに踏み込んだソリューションを提供しています。企業と顧客が価値を共創することによってwin-winの関係を築いています。

ビジネスの関連記事

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

2018.4.25

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 首藤 明敏
正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

2018.4.11

正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

  • 明治大学 法学部 教授
  • 小西 康之
働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2018.2.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 永野 仁
ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.7.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授
  • 橋本 雅隆
地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

2017.5.17

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 森下 正

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.10.17

「マジョリティ」が創り出す「他者」としてのLGBT?

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

2018.10.03

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

2018.09.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム