明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

株式投資は「愛ある金融」に変わり始めている

三和 裕美子 三和 裕美子 明治大学 商学部 教授

株式投資というと、値動きに合わせて頻繁に売買をして利益を上げるというイメージがありますが、近年、利益を得ることだけが目的ではない投資が世界的なトレンドになってきています。それは、投資をしたことがないという多くの人たちにも関わる、大きなテーマを含んでいます。

株式投資は儲かれば良い?

三和 裕美子 欧米に比べると、日本では個人で投資を行う人が非常に少ないといわれています。以前、内閣府が行った調査によると、株式投資を行ってみたいという人は11.4%で、行うつもりはないという人は82.7%でした。

 株式投資を行わない理由は、「株式投資に関する知識をもっていない」ことが33.3%、「損失のリスクがある」ことが32.5%でした。

 逆に、株式投資を行いたい理由は、「株価上昇による利益が期待できる」ことが49.4%、「配当益が期待できる」ことが37.1%でした。

 つまり、株式投資とは株価上昇や配当による利益が期待できる一方、投資のことがよくわからないし、損失のリスクがあるので、あまり行いたくないと考えている人が日本では非常に多いということです。

 確かに、その通りなのですが、実は、株式投資は利益を得るためだけのものではない、という考え方が世界的に起きています。それを知れば、投資を行うつもりはないという皆さんの、株式投資に対する見方が変わってくるのではないかと思います。

 もちろん、株式投資とは、投資家が利益を得るために行います。そのため、利益が得られると思えば短期でどんどん売買されます。

 現在、東京証券取引所での取引の半分以上(売買代金ベース)、AIを導入した1000分の1秒単位という超高速のHFT(High Frequency Trading)で行われています。

 さらに、資本主義の下では企業とは株主のものですから、株主である投資家の配当要求に応えるために、通常の利益だけでなく内部留保を取り崩して配当を出すような企業もあります。

 また、投資家側が大株主となって経営者を送り込み、その経営者によってコストカットや企業の資産や土地が売られ、それが投資家側への利益として流されるということも実際に起きています。いわゆるハゲタカファンドといわれるやり方です。

 これでは、企業は安定経営ができず、従業員はリストラされたり給与は上がらず困窮することになります。

 このような、利益のみを追求する短期的投資に対して批判の目が向けられたのは、リーマン・ショックが起きたことです。短期的投資が実体経済に危機を及ぼしたことで、株主利益第一主義という価値観を転換するような動きが高まっていくのです。

 その動きとは、実は、リーマンショックの20年前、1989年にアラスカ沖で石油タンカーが座礁する事故をきっかけとして始まっていました。

ビジネスの関連記事

ニューノーマル時代、社会を幸せにする広告作りは可能か?

2022.3.16

ニューノーマル時代、社会を幸せにする広告作りは可能か?

  • 明治大学 国際日本学部 専任講師
  • 小野 雅琴
企業の非財務情報に注目すると社会が変わる!?

2022.2.2

企業の非財務情報に注目すると社会が変わる!?

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 弥永 真生
日本人は本当のM&Aをまだ知らない!?

2022.1.14

日本人は本当のM&Aをまだ知らない!?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 岡 俊子
インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 西 剛広
プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.9.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠

新着記事

2022.05.26

ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

2022.05.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.05.19

どんな時も、自分の価値観を大切にしよう

2022.05.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.05.17

心を開いて、積極的にコミュニケーションを図ろう

人気記事ランキング

1

2022.05.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2013.12.01

環境保全は企業に利益をもたらす ―求められるエコ・テクノストラクチャーとエコ・フ…

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

リレーコラム