明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

宮川 渉 宮川 渉 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【35】

数多くの音楽家とその作品から多大な影響を受けていますが、人生の中のいちばんは「音楽」そのものでしょうか。

音楽との出合いは中学生の頃、囲碁棋士を目指して修行しているときでした。

テレビ番組で平和活動を行うジョン・レノンの姿がとてもまぶしく見えて、こんな世界があるんだと感動したのです。

とはいえ、すぐに進路変更したわけではありません。棋士と同じく音楽も、早期教育が必要だと子供心に分かっていました。

転機になったのは、父親の仕事の関係でフランスに渡ったこと。現地の高校に入学した後は、ロックをはじめとする様々な音楽に触れたり、楽器に挑戦したり、次第に夢中になっていきました。

20歳でこの道に進むことを決意してから今に至るまで、音楽はずっと私の心を掴んで離しません。

その魅力のひとつに、繰り返し聞いて楽しめる点が挙げられます。通勤・通学時でも、何かをしながらでも、曲を聞くことが当たり前になり、音楽は私たちの日常生活のどこにでも存在します。

また、複数の楽しみ方ができるのも音楽ならでは。聞く、歌う、演奏する、ライブで音の響きを体感するなど、感情や体に結びつく面もあれば、研究対象としての知的な面もあります。

多岐にわたる芸術や文化の中で最も強い感動を与えてくれたのが、私にとっては音楽でした。スタートが遅く、突出した才能があったわけではありませんが、音楽に携わる時の楽しい気持ちは今も色あせていません。

皆さんも没頭できるものをぜひ見つけてください。楽しくやり続けていると新たな発見もあり、きっと人生も豊かになるはずです。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

2021.9.2

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

2021.8.31

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人
世界の文学や言語に触れて自分の視野を広げよう

2021.8.19

世界の文学や言語に触れて自分の視野を広げよう

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 鵜戸 聡

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム