明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

自分と無関係に思われるものにもアンテナを張ろう

横田 貴之 横田 貴之 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

教授陣によるリレーコラム/私が考える「次世代リーダーに必要な力」【21】

私が研究している中東やイスラームの問題は、一般の人にとっては関係がないように思えるかもしれません。ただ、今後を考えると果たしてそうでしょうか。彼らの存在感は大きくなっていますし、人口も増えています。向こうから日本へも来ますし、我々も向こうへ行きます。従来の考え方ですとどうしても閉ざされた思考になりがちですが、関係があるとわかってくると広がりをみせるのです。

リーダーシップの中身はその時代に応じていろいろ変わると思いますが、多角的かつ、広く、深く見る目を養わなくてはなりません。今後、部下や上司、同僚に、イスラーム教徒など異文化に属する人が配属される可能性もあります。イスラームだけでなく、インドでもアフリカでも、ヨーロッパでもいいのですが、そうなっていかざるを得ない状況になります。今後は、そのときの対応力が問われるのです。

第一歩として、関係ないと思ったものにも関心を持つこと。アンテナが張られることで、そこを起点にどんどん発展させることができます。ビジネスでもそうです。繋がることによって、新たな価値が生まれます。一見、自分とは無関係に思われるものでも、自分との関係を見出して、関連付けることで「立体的」に思考できる力。これが次世代のリーダーに必要なものだと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.9.9

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

2021.9.2

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

2021.8.31

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム