明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

私が考える「次世代リーダーに必要な力」【3】

今村 哲也 今村 哲也 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

人間の行動を規律するルールを熟知せよ

リーダーというのは自分のためではなく、みんなのために何かをやる人です。何かをやるときには当然みんなの行動原理・行動原則をよく知らなくてはなりません。法律はもちろん、マーケットの仕組みや技術環境、世の中のモラルを理解したうえで、多くの人が幸せになるにはどういうルールづくりが必要なのかを考えなくてはいけない。

ルールのポイントとしては予測可能性ができること。具体的な妥当性があることも大切です。このように、組織をリードしていくときには、一人ひとりの個人を見て、その人たちがどういう行動を取ればいいのか明示することが求められます。環境の変化が激しい時代に、生き残っている企業を見ると、自分たちで自分たちの市場のルールをつくってきたり、イノベーションで新しい消費者を創造したり。マーケットの仕組み自体を変えているところもあります。マーケットを変えるというのはルールづくりと似ている点もあるのです。

個人の嗜好や多様な考え方を尊重しながら、自分の置かれた状況に対して必要なルールを設計・活用していく力。これがリーダーにとって大事なことではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.9.9

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

2021.9.2

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

2021.8.31

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム