明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

宮川 渉

宮川 渉

明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授

専門
作曲、音楽学
略歴
2008年 リヨン国立高等音楽院作曲科卒業
2009年 プロヴァンス大学音楽学科博士号取得
2011年 フランス国立音響音楽研究所(IRCAM)
    作曲研究課程1年修了
2015年 情報コミュニケーション学部 特任講師
2020年 現職
主な著書・作品
  • 「カイヤ・サーリアホ《光の弧》におけるデッサンの役割」、『音楽学』第66巻1号、2020年
  • Toru Takemitsu : situation、 héritage、 culture『武満徹:シチュエーション、遺産、文化』、L’Harmattan出版社、2012年
  • ヴィオラのためのPar la suite『つらなりによって』、国際現代音楽協会主催演奏会3e Forum de la jeune création musicale入選作品、2004年
  • 吹奏楽のためのTeintes『色彩』、フランス文化庁委嘱作品、2003年

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム