明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

川上 直人 川上 直人 明治大学 農学部 教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【32】

生き物に対する見方、考え方という点では、漫画家の手塚治虫さんに少なからず影響を受けているかもしれません。

ただ、子どもの頃はテレビで放映されていた『鉄腕アトム』のアニメをたまに見るくらい、友人宅で漫画を1、2冊読んだことがある程度でした。

ところが、大学生になって『火の鳥』や『ブラックジャック』を改めて手にしてみると、これがとても“深い”。生物の進化や人間の生き方など、様々な観点からとても大切なことを表現していることに気づいたのです。

もちろん、高校や大学で生物学の授業は受けてきました。でも生き物について、命について、本当の意味で学んだのは手塚作品からと言っても過言ではないくらい、たくさんのことを教えてもらいました。

また、星野道夫さんも感銘を受けた人物の一人です。アラスカを拠点に活躍された写真家ですが、彼の写し出す雄大な自然と野生動物、そこで暮らす人々の姿にすごく惹かれたのです。

もう亡くなって随分経ちますが、いま彼の書いた文章を読み返すと、「10年後、この場所はどうなっているのだろう」と、すごく心配している。温暖化といった直接的な表現ではありませんが、仕事柄、地球環境の変化を敏感に感じておられたのでしょうね。

自然があって、動物がいて、人間がいる。その繋がりを感じさせてくれる、彼の作品を見ていると自然との共存こそが、ヒトの生き残っていく道なんだと改めて思います。

皆さんも、もし好きな漫画があるのならもう一度開いてみてはいかがでしょうか。好きな芸術家がいるのなら、その作品をじっくり見直してみるのも良いでしょう。心惹かれた理由を再確認してみるのです。

いまだからこそ、何か新たな発見があったり、かつては感じなかったメッセージを受け取れたりするかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.9.9

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

2021.9.2

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
世界の文学や言語に触れて自分の視野を広げよう

2021.8.19

世界の文学や言語に触れて自分の視野を広げよう

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 鵜戸 聡

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム