明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

重田 園江 重田 園江 明治大学 政治経済学部教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【27】

私にとって、フランスの哲学者ミシェル・フーコーは、人生を決定づけた人物です。

フーコーと出会ったのは、大学生の時。その頃、消費社会を把握できる知や実践のあり方を模索する思想 “ポスト・モダン”ブームが起こっていて、代表的な存在である彼の著書に触れました。

当初は、難解な言い回しのフーコーの哲学がピンと来なかったのですが、「ミシェル・フーコー思想集成」というインタビューや講演、対談をまとめたものを読んだことで、その思想のみならず生き方にも心酔するようになったのです。

もっと彼を理解したいという思いが強まったため、一度は就職したものの大学に戻り、現代思想研究の世界に飛び込みました。

人生において、流れに抗って何かを選択したのはこれが初めて。彼がいなければ研究者という道も選びませんでしたし、単なる“研究対象”とは括ることができないほど思い入れがあります。

「20代は迷いの時期」とは、後で振り返って言えることです。当時は何の余裕もありませんでしたが、それ以降逆境に立たされると、「あの時よりはマシ」と考えられます。

若い時に、真剣に迷い、選び取る経験は、必要なものだったのだ、と今になって思います。

きっと誰しもそういう瞬間があるでしょうし、そこに立ち返ることで、また新たな一歩を踏み出すことができるはずです。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.9.9

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

2021.9.2

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

2021.8.31

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人

新着記事

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.09.07

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

人気記事ランキング

1

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

5

2018.06.06

グロテスクを含み、周囲を侵食する「かわいい」は、日本の美意識の…

リレーコラム