明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

重田 園江
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

重田 園江

明治大学 政治経済学部教授

研究分野
政治思想 ヨーロッパ政治社会思想史、現代思想
研究テーマ
ミシェル・フーコー研究、社会連帯の思想史
【キーワード】ミシェル・フーコー、連帯、統治
略歴
1968年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。銀行勤務を経て、東京大学大学院総合文化研究科に入学、博士課程単位取得。専攻は政治、社会思想史。
主な著書・論文
  • 『統治の抗争史 – フーコー講義1978-79』(勁草書房)
  • 『社会契約論 ─ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』(ちくま新書)
  • 『連帯の哲学I―フランス社会連帯主義』(勁草書房)
  • 『フーコーの穴 – 統計学と統治の現代』(木鐸社)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム