明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

重田 園江
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

重田 園江

明治大学 政治経済学部 教授

研究分野
政治思想 ヨーロッパ政治社会思想史、現代思想
研究テーマ
ミシェル・フーコー研究、社会連帯の思想史
【キーワード】ミシェル・フーコー、連帯、統治
略歴
1968年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。銀行勤務を経て、東京大学大学院総合文化研究科に入学、博士課程単位取得。専攻は政治、社会思想史。
主な著書・論文
  • 『統治の抗争史 – フーコー講義1978-79』(勁草書房)
  • 『社会契約論 ─ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』(ちくま新書)
  • 『連帯の哲学I―フランス社会連帯主義』(勁草書房)
  • 『フーコーの穴 – 統計学と統治の現代』(木鐸社)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

2022.07.04

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事