明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

時代を映す作品から、幅広い視点を身につけよう

明治大学 文学部 准教授 湯淺 幸代

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【74】

私は平安文学を専門にしているのですが、自分のこどもが見ている本や漫画、アニメなどから研究のアイデアを得ることがあります。

これらの作品は如実に時代を反映しており、千年前の文学や、各時代の享受を考える上で参考になるからです。

例えば竹取物語の主人公の「かぐや姫」をモチーフにしたキャラクターが、こども向けの様々な作品に登場しているのをご存知でしょうか。

日本人が思う理想の女性のような形で出てきたり、逆に悪役として描かれたり。

物語が親しまれ、色々な解釈をされるようになって、非常に面白い発展をしています。

最近は「鬼」をテーマにした漫画などがヒットしていますが、単純に「鬼」を排除する話ではなく、「鬼」と「人間」の間に介在するキャラクターが、二つの分断する社会を繋いでいくように描写されています。

映画でも大ヒットした「鬼滅の刃」は、主人公が、鬼と化した妹を人間に戻す方法を探しながら、鬼と戦い成長していくストーリーです。

片方が絶対悪で、もう片方が正義という勧善懲悪ではなく、両方の世界を理解できるような内容になっています。

本や漫画、アニメに限らず、同じテーマを扱っていても、時代によって解釈や捉え方が変わるということはあるものです。

ビジネスの世界でも、多様な角度から物事を見ることができれば、新しい発見があるのではないでしょうか。

世代や価値観の違う人と話したり、流行のカルチャーに触れたりすることで、時代のニーズをキャッチできるようになるかもしれませんよ。

*ホームページ「Koudansyou─古典と現代」
http://blog.livedoor.jp/yuas2018/
平安文学と現代との接点や、大学の授業について書いています。よければこちらも参考にしてください。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

#3 労働者は三層化する?

2021.1.22

#3 労働者は三層化する?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 山崎 憲
効率化が進む現代こそ「無駄」を大事にしよう

2021.1.21

効率化が進む現代こそ「無駄」を大事にしよう

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任准教授
  • 山本 誉士
#2 日本は他国の下請け産業の国になる?

2021.1.19

#2 日本は他国の下請け産業の国になる?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 山崎 憲
#1 人事労務管理とは?

2021.1.15

#1 人事労務管理とは?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 山崎 憲
心にゆとりを持ち、日常の中での発見に繋げよう

2020.12.24

心にゆとりを持ち、日常の中での発見に繋げよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 藤本 穣彦

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2021.01.20

日韓関係は韓国の歴史を知ることで見え方が変わってくる

2021.01.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

2020.12.23

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2020.12.09

あなたは、得があれば個人情報を差し出しますか?

人気記事ランキング

1

2021.01.20

日韓関係は韓国の歴史を知ることで見え方が変わってくる

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム