明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

時代を映す作品から、幅広い視点を身につけよう

湯淺 幸代 湯淺 幸代 明治大学 文学部 准教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【74】

私は平安文学を専門にしているのですが、自分のこどもが見ている本や漫画、アニメなどから研究のアイデアを得ることがあります。

これらの作品は如実に時代を反映しており、千年前の文学や、各時代の享受を考える上で参考になるからです。

例えば竹取物語の主人公の「かぐや姫」をモチーフにしたキャラクターが、こども向けの様々な作品に登場しているのをご存知でしょうか。

日本人が思う理想の女性のような形で出てきたり、逆に悪役として描かれたり。

物語が親しまれ、色々な解釈をされるようになって、非常に面白い発展をしています。

最近は「鬼」をテーマにした漫画などがヒットしていますが、単純に「鬼」を排除する話ではなく、「鬼」と「人間」の間に介在するキャラクターが、二つの分断する社会を繋いでいくように描写されています。

映画でも大ヒットした「鬼滅の刃」は、主人公が、鬼と化した妹を人間に戻す方法を探しながら、鬼と戦い成長していくストーリーです。

片方が絶対悪で、もう片方が正義という勧善懲悪ではなく、両方の世界を理解できるような内容になっています。

本や漫画、アニメに限らず、同じテーマを扱っていても、時代によって解釈や捉え方が変わるということはあるものです。

ビジネスの世界でも、多様な角度から物事を見ることができれば、新しい発見があるのではないでしょうか。

世代や価値観の違う人と話したり、流行のカルチャーに触れたりすることで、時代のニーズをキャッチできるようになるかもしれませんよ。

*ホームページ「Koudansyou─古典と現代」
http://blog.livedoor.jp/yuas2018/
平安文学と現代との接点や、大学の授業について書いています。よければこちらも参考にしてください。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.5.6

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子
様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.4.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 後藤 晶
異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.4.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 中村 和恵
個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

2021.4.15

個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 新名 良介
好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之

新着記事

2021.05.06

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.04.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.04.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.04.21

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

人気記事ランキング

1

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

リレーコラム