明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

物事の本質を見極めるために、一歩外に出てみよう

明治大学 文学部 教授 山﨑 健司

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【8】

今回の改元に当たっては、「令和」の出典が国書か漢籍か、具体的にどこなのかということがやたらと強調されていたように感じました。残念ながら、出典となった材料の文脈全体を捉える見方が議論の渦中にはなかったようです。

私はちょうど、令和の典拠とされる萬葉集・梅花の歌三十二首の宴歌の論文を書いたばかりだったので、この歌はまさに「一人ひとりの意見が大事にされる時代」にふさわしいものだと気づくことができました。

議論の中に入ってしまうと、物事の本質が見えなくなってしまうことはよくあります。そういうときはあえて議論の外に身を置き、角度を変えて問題の本質を見極めようと試みることが大切です。

会社という環境でも同様に、会議などで議論が白熱している際は、一歩引いた場所で冷静に考えてみましょう。そこから良いアイデアが浮かんだり、本質がつかめたりするものです。

また、「ことば」を研究対象としている立場から気になっているのは、今日のネット社会で濫用されている短い言葉でのやりとりです。短い言葉の使用が誤解を生み、それがどんどん膨れ上がって炎上などの騒ぎになっていくことが目立っているように思います。

最近の若い人たちは、お互いに向き合い、腹を割って話し合うということを不得手にしているようで、2~3人の小さなグループをいくつもつくり、閉じられた空間の中で短い言葉によって気持ちを通わせています。

これでは自分たちと違う物の見方などが入らなくなってしまいます。短い言葉でのやりとりに振り回されないように努め、じっくり言葉に向き合う。そして異なる世代、様々な考え方を持った人たちと繋がることで新しい発想なども育まれていくのではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#4 見せかけのCSRとは?

2020.7.14

#4 見せかけのCSRとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#3 CSRは企業の収益に繋がる?

2020.7.10

#3 CSRは企業の収益に繋がる?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

2020.7.9

建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 青沼 君明
#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

2020.7.7

#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#1 企業の社会的責任とは?

2020.7.3

#1 企業の社会的責任とは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

人気記事ランキング

1

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム