明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

山﨑 健司
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

山﨑 健司

明治大学 文学部 教授

研究分野
日本古代文学(上代)
研究テーマ
大伴家持と萬葉集の編纂、萬葉集以後古今集時代に至る文学史、日本文学におけるジャンルの概念の発生
【キーワード】萬葉集、成立、享受
主な著書・論文
  • 「うら悲しき景―大伴家持の春愁歌の表現をめぐって―」(『国語と国文学』第94巻第4号・2017年)
  • 「梅花歌三十二首再読」(『萬葉集研究』第36集・2016年)
  • 「仙覚本における「読み」の展開」(『萬葉』第221号・2016年)
  • 「大伴家持における体言止めの歌」(『論集上代文学』第36冊・2014年)
  • 『大伴家持の歌群と編纂』(塙書房・2010年)

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.02

知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

2019.09.25

自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

人気記事ランキング

1

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム