明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#3 フードバンクはどれくらいの食品を配布しているの?

小関 隆志 小関 隆志 明治大学 経営学部 教授

日本のフードバンクが配布しているのは、約2万2千食分

前回、日本で廃棄されている食べ物は年間600万トン以上と言われていると述べました。

それに対して、フードバンクの団体が寄付を受けて配布している食品は年間4000トンです。これは、何人に配布できる量なのでしょうか。

EUのフードバンクでは、1食あたり180グラムを目安にしています。すると、4000トンは、約2200万食に相当します。

仮に、1日3食をフードバンクの食品でまかなおうとすれば、1人年間1095食必要です。すると、2200万食とは、約2万人分ということになります。これは十分な量でしょうか。

実は、日本はOECDの中で相対的貧困率が高い国だと指摘されています。17歳以下の子どもの7人に1人が貧困世帯だというデータもあります。すると、その子どもたちの数は280万人余りにもなるのです。

日本のフードバンクが配布している食品の量は、絶望的に少ないことがわかります。

では、フードバンクの活動をもっと拡充させて、配布できる食品量を増やすことが必要なのでしょうか。

フードバンクの歴史が半世紀以上になり世界最大規模のアメリカでは、42億食分を配布していると言います。ところが、実は、それでも足りないのです。

実際、フードバンクが始まった1960年代から現在にかけて、アメリカの貧困問題は改善されたのかというと、決してそうではありません。

量とともに質の問題もあります。人の食事は、主食と肉や魚、野菜、牛乳など、栄養のバランスが取れていて良い食事だと言えます。

ところが、フードバンクが配布する食品は、余った食品なのでバランスをとることが難しいのです。実際、日本の場合、すべての団体が冷凍倉庫を設置できているわけではないこともあり、常温保存できる缶詰や乾麺、調味料、菓子などが多いのです。

だとすると、フードバンクとは、困っている人に食事を提供するというより、余って困った食品をリサイクルの一環として、ただ処理している活動なのか、という見方も出てきます。

もちろん、食事の質のことを考え、農家に協力してもらい、古米を貰ったり、形が規格外で出荷できない野菜を貰う団体もありますが、全体から見れば、その量はわずかなのです。

欧米では、フードバンクの団体が自分たちの資金で肉や野菜など生鮮品を買い、栄養バランスを考えた配布をしているところもあります。

フードバンクに資金があるのは、企業や裕福な人たちからの寄付金が多いからです。それだけ、フードバンクの活動が社会的に認知されているということです。

しかし、そんな欧米でも、配布できる食品は足りないのが現実なのです。

もちろん、1日3食すべてをフードバンクが配布する食品でまかない続けるというのは現実的ではありません。実際は、公的な社会保障制度も利用することになります。

しかし、フードバンクは良いもの、フードバンクをやっていれば安心、なんとかなると、素朴に思うことに疑問をもつことは重要です。

次回は、フードバンクの課題についてさらに解説します。

#1 フードバンクとは?
#2 フードバンクは食品ロスと生活困窮者を救う?
#3 フードバンクはどれくらいの食品を配布しているの?
#4 フードバンクが正しいというのは間違い?
#5 フードバンクと社会保障制度は連携するの?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

2021.4.15

個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 新名 良介
好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

2021.4.1

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦

新着記事

2021.04.14

先住民族が滅びる民というなら、先に滅びるのはきっと私たち

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えて…

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム