明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

専門分野以外の領域にもアンテナを張ろう

本田 みちよ 本田 みちよ 明治大学 理工学部 准教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【9】

私が自分の専門分野である生物化学の先生たちと話をするとき、当然そこには知識を深めたいとか、新しい発見を知りたい、という思いがあります。

一方、それ以外の先生たち、たとえば整形外科医や歯科医と話をしてみると、同じ医師でもそれぞれ違う発想を持っていることがわかり、患者さんのことを間近でみているので「何が大事か」「何を求められているか」をオンタイムで知ることができ、とても刺激になります。

このように、異なる分野の人たちと交流することが新たな発見に繋がり、自分の研究に関するアイデアが生まれることもあるのです。

また、医師や企業と行っている共同研究では、定期的にミーティングをしたり、研究の進捗を報告し合ったりしているのですが、実は発想のもととなるような情報は報告会の後の懇親会や何気ない雑談からもたらされることもあります。

報告会ではデータに基づき議論が展開されるのですが、会を離れたときに「ここのところはどうなんですか?」と聞くと意外に「実はね…」と情報を教えてもらえたりするのです。

「こういうことが困っている」「こういう現象が起こったりもする」「こういうニーズがある」など、通常ではオープンにならないような話を聞くと「そういうこともありえるんだ」と研究の参考になります。

ビジネスも同様に、営業職だったら営業のことだけに取り組むのではなく、開発や生産など他部署の人たちとコミュニケーションを取ったり、商品を使っているユーザーの声を実際に聞いてみたりすることが大切なのではないでしょうか。

思いがけず、こぼれ話みたいなところから仕事のヒントを得られるかもしれません。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

2021.4.1

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦
「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

2021.3.18

「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯嶋 曜子

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム