明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

外に答えを求める前に、自分の内を見つめなおそう

加藤 徹 加藤 徹 明治大学 法学部 教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【1】

私がよく学生たちに話して聞かせるものに「下学上達」という言葉があります。下学上達とは、学問のやりかたの一つであり、卑近なことから出発して、真理のきわみにのぼってゆこう、という意味です。

常に感度を研ぎ澄まして、最先端のものを追い求める人もいますが、外から学ぶよりも自分自身のなかのものを見つめなおす方が早いのではないでしょうか。

例えば学生なら、図書館で勉強したり、留学生と交流したり、学生同士で旅行したり、部活やサークルに参加したり。誰かと一緒にご飯を食べるだけでも発見があります。

個人的には、執筆や研究をはじめ、新しいことに取り組むときには、すでに自分のなかにある暗黙知的な何かを原点とするのがよいと思います。

大学や会社は個性が違う人間、性別・年齢や出身地・出身国の異なる人間が集まる場所です。お互いに刺激し合い、それぞれ自分の身近な興味関心から出発して、真理の高みを目指していきましょう。

日本はいま、多様化の時代を迎えました。自分にとっての常識が必ずしも相手にとっての常識ではありません。自分自身を相対化し、幅広い視点を持つことによって、新たな発想が生まれるはずです。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

2021.4.1

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦
「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

2021.3.18

「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯嶋 曜子

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

リレーコラム