明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

加藤 徹

加藤 徹

明治大学 法学部 教授

研究分野
中国文化、中国文学、表象文化
研究テーマ
中国の伝統演劇(京劇)を中心に、演劇・文学・音楽など表象文化どうしの相互影響関係や、社会環境と表象文化のインターフェイスなどを研究しています。
【キーワード】京劇、漢文、表象文化
主な著書・論文
  • 『東洋脳×西洋脳』(共著)(中公新書ラクレ・2011年)
  • 『本当は危ない『論語』』(NHK出版新書・2011年)
  • 『漢文力』(中公文庫・2007年)
  • 『貝と羊の中国人』(新潮新書・2006年)
  • 『京劇』(中公叢書・2002年)

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.06.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.06.05

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

2019.05.29

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.05.15

流行語大賞選びでわかる、日本語のしたたかな柔軟さ

人気記事ランキング

1

2019.06.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2019.06.05

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2018.08.01

「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム