明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#5 公共交通を支えるために住民にできることは?

明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授 木村 俊介

人口が急激に減少する日本では、住民が支え合うことが重要

交通空白地域の問題は、そこに住む住民にとってはまさに毎日の問題です。行政が様々な工夫をして、なんらかの手を打つことは当然ですが、住民もそれを待っているだけでなく、なにができるのか考え、実行することが重要です。

例えば、近年は、市民からの意見や要望を、自治体はeメールでも受け付けるようになっています。バス路線の希望なども、こうした制度を利用して積極的に発信することができます。

また、最近は、交通問題を考えるために、自治体が中心になって協議会が設置されることがよくあります。そのような機会には、住民も積極的に参加するようにしたいものです。

コミュニティバスの運行は非常に有効な手段ですが、そのためには適切な財源負担を工夫しなければなりません。税金が使われることはもちろん、上田市の例で述べたように、各世帯が受益者負担をすることも必要です。

また、自治体によっては、沿道の法人からも協賛金を出してもらうケースがあります。実は、この仕組みは、フランスでは「交通税」として制度化されています。日本もこうした税制を議論する必要があると思います。

また、お金を出し合うだけでなく、自分たちの地域の公共交通を、住民がともに支えるという活動も重要になってくると思います。

例えば、バスの運転手不足は深刻な問題です。そこで、一度定年された高齢者の方でも、二種免許を持っている人には、過重にならない範囲でコミュニティバスなどの運転を務めてもらうことは、高齢者の社会参加という意味でも良いのではないかと思います。

また、バスが走る道路や停留所の清掃を、住民がボランティアで行うことも良いことです。停留所などがきれいであれば利用する気持ちが高まり、高齢者の外出機会が増えますし、バスの料金収入の向上にも繋がります。

上田市で受益者負担の取り組みが円滑に行われている根底には、地域社会でお互いに支え合う共助の意識があると述べましたが、それには、地域で、なんらかの活動が続いていることが大事だという話を聞きました。

その活動とは、地域のお祭りや、子どもたちのための行事や催し、住民たちの文化祭など様々あります。少子高齢化で人口が急激に減少し続ける日本では、市民がともに支え合うことが重要になります。そのために、日々のこうしたコミュニティ活動がとても大切になると思います。

#1 交通空白地域って、なに?
#2 コミュニティバスって、なに?
#3 バスを利用しやすくするためには?
#4 コミュニティバスの財源をどうする?
#5 公共交通を支えるために住民にできることは?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

2020.7.9

建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 青沼 君明
#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

2020.7.7

#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#1 企業の社会的責任とは?

2020.7.3

#1 企業の社会的責任とは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
物事を一度分解し、成り立ちについて考えてみよう

2020.7.2

物事を一度分解し、成り立ちについて考えてみよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 鈴木 雅博
自分をしっかり持って、多様性の中に身を置こう

2020.6.25

自分をしっかり持って、多様性の中に身を置こう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 小林 良樹

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム