明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

公共交通のない地域は日本全国の25%に達している

いま、日本では、人口減少と高齢化が急激に進んでいます。その結果、社会の様々な分野で弊害が起きていますが、交通問題もそのひとつです。

例えば、地域住民の足であるバスですが、利用者の減少から採算性が悪化しています。いままでは、黒字路線で赤字路線を支えてきましたが、それにも限界があります。

さらに、2002年に、事業からの退出が許可制から事前届出制になるなどの規制緩和があったこともあり、赤字路線から撤退する事業者が増えたのです。

その結果、公共交通がない、いわゆる交通空白地域が日本各地に生じています。2011年度の国交省の調査によれば、交通空白地域の面積は日本全体の25%にも及び、その地域に暮らす人口は約530万人で、全人口の4.2%に達しています。

さらに、全人口に対する高齢者の割合は1.9%ですが、交通空白地域の高齢者の割合は2.7%と高く、この交通問題をより深刻にしています。つまり、自家用車を充分に扱うことができない高齢者は、毎日の生活に欠かせない買い物や、病院に行くことも困難になっているのです。

しかも、少子高齢化が急激に進行する現状では、交通空白地域が広がったり、そこに暮らす高齢者も増大していくことが予想されます。いまは公共交通のある地域に暮らしている人たちも、将来にわたってそれが保証されるとは限らないのです。

つまり、この交通問題は、私たち生活者にとって他人事などではありません。早めに手を打つべき重要な問題であるといえます。

次回は、交通空白地域で行われている対策について解説します。

#1 交通空白地域って、なに?
#2 コミュニティバスって、なに?
#3 バスを利用しやすくするためには?
#4 コミュニティバスの財源をどうする?
#5 公共交通を支えるために住民にできることは?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.6.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.6.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.6.3

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

2021.6.1

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 長島 和茂
世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

2021.5.27

世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太

新着記事

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

人気記事ランキング

1

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム