明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

公共交通のない地域は日本全国の25%に達している

いま、日本では、人口減少と高齢化が急激に進んでいます。その結果、社会の様々な分野で弊害が起きていますが、交通問題もそのひとつです。

例えば、地域住民の足であるバスですが、利用者の減少から採算性が悪化しています。いままでは、黒字路線で赤字路線を支えてきましたが、それにも限界があります。

さらに、2002年に、事業からの退出が許可制から事前届出制になるなどの規制緩和があったこともあり、赤字路線から撤退する事業者が増えたのです。

その結果、公共交通がない、いわゆる交通空白地域が日本各地に生じています。2011年度の国交省の調査によれば、交通空白地域の面積は日本全体の25%にも及び、その地域に暮らす人口は約530万人で、全人口の4.2%に達しています。

さらに、全人口に対する高齢者の割合は1.9%ですが、交通空白地域の高齢者の割合は2.7%と高く、この交通問題をより深刻にしています。つまり、自家用車を充分に扱うことができない高齢者は、毎日の生活に欠かせない買い物や、病院に行くことも困難になっているのです。

しかも、少子高齢化が急激に進行する現状では、交通空白地域が広がったり、そこに暮らす高齢者も増大していくことが予想されます。いまは公共交通のある地域に暮らしている人たちも、将来にわたってそれが保証されるとは限らないのです。

つまり、この交通問題は、私たち生活者にとって他人事などではありません。早めに手を打つべき重要な問題であるといえます。

次回は、交通空白地域で行われている対策について解説します。

#1 交通空白地域って、なに?
#2 コミュニティバスって、なに?
#3 バスを利用しやすくするためには?
#4 コミュニティバスの財源をどうする?
#5 公共交通を支えるために住民にできることは?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

#2 運動するほど免疫力は上がるの?

2020.12.4

#2 運動するほど免疫力は上がるの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 鈴井 正敏
既存の概念を組み合わせ、独自の発想を生み出そう

2020.12.3

既存の概念を組み合わせ、独自の発想を生み出そう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
#1 免疫力を上げればウイルスに負けない?

2020.12.1

#1 免疫力を上げればウイルスに負けない?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 鈴井 正敏
頭を一度クリアにし、アイデアの創出を促そう

2020.11.26

頭を一度クリアにし、アイデアの創出を促そう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小野 弓絵
#5 日本の企業は時代遅れになる?

2020.11.24

#5 日本の企業は時代遅れになる?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 長野 史麻

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.11

アメリカ・ファーストでは、国際経済の新たな秩序づくりはできない

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

人気記事ランキング

1

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム