明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

鑑賞とは別の観点で作品を捉え、自らの糧にしよう

明治大学 総合数理学部 教授 嵯峨山 茂樹

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【24】

安藤元雄 編『北原白秋詩集(上)(下)』(岩波文庫・2007年)

作曲のネタ探しのためにいろいろな詩人の詩集を読んだりしますが、なかでも面白いと思うのは、自身の生涯で3回ぐらい作風を変えている北原白秋です。

最初はおどろおどろしい異国情緒あふれる文体で世のなかを夢中にさせ、不倫騒動に巻き込まれて世間に叩かれたあとは凛とした独特のスタイルに変化。

その後、作曲家とコラボレーションし、「からたちの花」の作詞など童謡にも才能を発揮し、美しいことばを紡ぎだしました。

数々の詩の鑑賞を通して私なりに理解したのが、新しいアイデアを考えるという点で詩人は研究者と似ているということです。

新規性を求めて自分のスタイルを打ち出し、それを応用して独自の世界をつくり上げる。こうした過程はまるで理系の研究であり、詩は発明品と言えると思います。

ビジネスパーソンの方も、ときには自分の立場、専門分野の観点から文芸作品を捉えてみてはいかがでしょうか。作品が生み出されるまでの舞台裏に共感したり、仕事に活かせるような新しいヒントを見出すことがあるかもしれません。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#2 日本語は難しい言語?

2021.2.26

#2 日本語は難しい言語?

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 小森 和子
本質をつかむため、勇気を持って異端者になろう

2021.2.25

本質をつかむため、勇気を持って異端者になろう

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎
#1 在留外国人は日本語を学んでいるの?

2021.2.19

#1 在留外国人は日本語を学んでいるの?

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 小森 和子
外からの視点を取り入れ、新しい一歩を踏み出そう

2021.2.18

外からの視点を取り入れ、新しい一歩を踏み出そう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 光武 亜代理
#4 租税回避は安全な行為か?

2021.2.16

#4 租税回避は安全な行為か?

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 袴田 裕二

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2021.02.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.02.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.02.16

バイオマテリアルが、健康寿命を延ばす

2021.02.10

体に効く薬とはタンパク質に効く薬

2021.02.09

場のデザイン×ICTで 誰もが輝ける世界に

人気記事ランキング

1

2021.02.09

藻と光合成でつくるバイオプラスチック

2

2021.02.16

バイオマテリアルが、健康寿命を延ばす

3

2021.02.09

熟成肉を手軽に!? エイジングシートがフードロスを救う

4

2021.02.09

場のデザイン×ICTで 誰もが輝ける世界に

5

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム