明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

知識を増やすより、現場での実体験を積み重ねよう

明治大学 総合数理学部 教授 福山 良和

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【15】

稲盛和夫『生き方』(サンマーク出版・2004年)

本書は京セラとKDDIを創業し、日本航空を再生に導いたカリスマ経営者・稲盛和夫氏による人生論です。夢をどう描き、どう実現していくか。人間として大切なこととは何かをわかりやすく説き明かしています。若い人たちにとってこれからの生き方を決められるような本がよいと思い選びました。

稲盛氏はこの本のなかで、知っていることとできることは必ずしもイコールではなく、現場で汗をかかないと何事も身につかないと述べています。確かにその通りです。本を読むことも重要ですが、世の中には知識ばかりを詰め込んだ評論家が多すぎると思います。本を読むよりもっと大事なことは、仕事の範囲を限定せず、関係する現場に足を運び、自分の目で確かめ、現場の人と話をし、自ら考えるということではないでしょうか。

私の研究室では企業との共同研究に学生を参加させています。打ち合わせでは企業側から「現場ではこうですよ」と厳しいことを言われますが、教員と学生の2人だけで論文を読んで研究するよりも、現場の問題にどうやって対処するか経験を積むほうが大切なのです。

いまの若い人たちはどちらかというと淡白で熱意のないタイプが多いようですが、何かをやりきることを通して情熱を育てて欲しいと思います。稲盛氏のように「寝ても覚めても四六時中そのことを思いつづけ考え抜く」姿勢が、心に描く人生へ近づく一歩となるのです。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

頭の中にテーマを置き続け、日常にヒントを得よう

2019.7.18

頭の中にテーマを置き続け、日常にヒントを得よう

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

2019.7.11

生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

2019.7.5

#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦
わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

2019.7.4

わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
#3 自己組織化は経済に応用できる?

2019.7.2

#3 自己組織化は経済に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム