明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

徹底的に観察し、なぜなのかという問いを繰り返そう

中村 聡史 中村 聡史 明治大学 総合数理学部 教授

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

教授陣によるリレーコラム/私が考える「次世代リーダーに必要な力」【38】

リーダーには多様な役割があり、それに応じた力が必要となるため、一概にはこの力があればというのは言いにくいものですが、私が考えるリーダーに必要な力は、様々なことを徹底的に観察し、考え、そこから得られた知見を蓄積し、活かすというものになります。

そのために、まず日々の生活の中で常時アンテナをはり、様々なことに対して「なんでだろう」と疑問を持ち、自身に問いかけるようにしてみましょう。観察し、問題について見極め、どうすると解決できるかということを考えることで見えてくるものがあります。例えば、書類を書き間違えたとき、テレビのリモコンの使い方がわからなかったとき、立食の懇親会のときに行列ができているとき、駅の出口がわからず迷子になったときに、ただイライラするだけや、わかりにくい・使いにくいと思いつつも放置してしまうと、そこで得られるものはありません。「どうしてこうなったのか」「どこに問題があるのか」そして「どうやったら改善できるか」と考え、その自分なりの答えを蓄積してください。

何らかの問題に遭遇したときに、そうした蓄積が急に働き出し、問題を解決する力となります。また、そうした蓄積が急に結びつくことで、新しいアイディアが生まれますし、そのアイディアが他の蓄積と有機的に結びつくことによって、より良いものへとすることができます。

是非リーダーとしてこうした力を身につけ、組織運営において活かしていただければと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.12.1

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

2022.11.10

仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗

新着記事

2022.12.07

何のために科学を学ぶのか

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

4

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事