明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

私が考える「次世代リーダーに必要な力」【11】

小笠原 泰 小笠原 泰 明治大学 国際日本学部 教授

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

孤独に耐えられる強い覚悟を持て

日本人には欧米で言うところの本来の意味でのリーダー観がないように感じます。一般に、リーダーの代表例といえば会社の社長が思い浮かべられがちですが、日本組織のピラミッドでは、社長は据え物と言えます。事が起きたら責任をとって辞めるだけで、権威はあるものの、あまり強いコントロールは発揮できません。実は、リーダーの資質は職位とは関係ないのです。マネージャーとは違います。欧米的なリーダーは権力(コントロールと権威)を持ち、環境そのものを変えてしまうので、日本ではおそらく受け入れられないでしょう。日本人は役割構造を重要視していて、それを壊されるのを嫌がるからです。日本では、組織の長に権力(コントロールと権威の両方)を持たせないことが生活の知恵のようです。

真のリーダーとは外部環境条件を受容させつつ、コントロールしようとする人間です。自己組織を形成し、人が自ずとついてくるような決断をします。ただしイエスマンばかりの取り巻きをつくったら終わりです。組織の硬直化を招きかねません。そのためリーダーは孤独に耐える必要があります。悪くも言われますし、辛いことが多く、並大抵でない決意が必要です。また、強いリーダーとともに歩むことは痛みを伴います。

環境を抜本的に変えることが求められる今の日本には、本当はリスクテイクの高いレベルと将来を見据えた揺るぎない覚悟を備えた人物こそが、リーダーとして求められています。その意味で、痛みを伴わない甘い公約をする政治家は、今求められるリーダーではないことを国民が強く認識することも、今後の日本社会の持続性を考える上では重要ではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

2022.11.10

仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗
社会人も大学で学びキャリアアップにつなげよう

2022.11.8

社会人も大学で学びキャリアアップにつなげよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 盛本 圭一

新着記事

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

人気記事ランキング

1

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事