明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

私が考える「次世代リーダーに必要な力」【9】

明治大学 国際日本学部 教授 蟹瀬 誠一

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

既成概念に捉われず、信念を持って決断せよ

『人間には、3種類の人しかいない──物事を起こす者、起こるのを眺める者、そして「何が起こったのか」ときく者』。これは、アメリカのジャーナリストで有名コラムニストのアン・ランダースの言葉です。この中でリーダーとなるのは1番目の人ですが、日本のメディアはセンセーショナルであったり表象的であることが多いため、日本国民は3番目の人になりがちです。情報があふれている時代だからこそ、自分で情報を見極め、判断する力が必要となります。

また最近、経営者の前で話をする機会が多いのですが、そのときに「ありえない決断をしてください」と伝えています。例えば、パナソニック創業者の松下幸之助氏は、不況下でもリストラをせず社員を守り、会社を飛躍させました。アサヒビール元社長の樋口廣太郎氏もまたしかり。役員会で自分以外の役員が全員反対する中、スーパードライの発売を決定し、大ヒットに導きました。経営者やリーダーは、周りの人が反対したとしても、正しいと思えばやり抜く勇気を持っています。

これからのリーダーは、既存の見えないガラスの中で物を考えるのではなく、それを破った決断をできる人だと思います。もちろん失敗もあるでしょう。支えになるのは信念です。全員が反対しているときに、ありえない決断をする。それを意識できるかできないかで変わってくるのです。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

2019.7.11

生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

2019.7.5

#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦
わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

2019.7.4

わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
#3 自己組織化は経済に応用できる?

2019.7.2

#3 自己組織化は経済に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦
#2 自己組織化は数式化できるの?

2019.6.28

#2 自己組織化は数式化できるの?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム