明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

私が考える「次世代リーダーに必要な力」【9】

蟹瀬 誠一 蟹瀬 誠一 明治大学 国際日本学部 教授

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

既成概念に捉われず、信念を持って決断せよ

『人間には、3種類の人しかいない──物事を起こす者、起こるのを眺める者、そして「何が起こったのか」ときく者』。これは、アメリカのジャーナリストで有名コラムニストのアン・ランダースの言葉です。この中でリーダーとなるのは1番目の人ですが、日本のメディアはセンセーショナルであったり表象的であることが多いため、日本国民は3番目の人になりがちです。情報があふれている時代だからこそ、自分で情報を見極め、判断する力が必要となります。

また最近、経営者の前で話をする機会が多いのですが、そのときに「ありえない決断をしてください」と伝えています。例えば、パナソニック創業者の松下幸之助氏は、不況下でもリストラをせず社員を守り、会社を飛躍させました。アサヒビール元社長の樋口廣太郎氏もまたしかり。役員会で自分以外の役員が全員反対する中、スーパードライの発売を決定し、大ヒットに導きました。経営者やリーダーは、周りの人が反対したとしても、正しいと思えばやり抜く勇気を持っています。

これからのリーダーは、既存の見えないガラスの中で物を考えるのではなく、それを破った決断をできる人だと思います。もちろん失敗もあるでしょう。支えになるのは信念です。全員が反対しているときに、ありえない決断をする。それを意識できるかできないかで変わってくるのです。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.7.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.7.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

2021.7.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 努尓買買提 依克山
「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

2021.7.8

「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
恩師の教えが今こそ、新たな“気付き”に繋がる

2021.7.1

恩師の教えが今こそ、新たな“気付き”に繋がる

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム