明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

私が考える「次世代リーダーに必要な力」【9】

明治大学 国際日本学部 教授 蟹瀬 誠一

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

既成概念に捉われず、信念を持って決断せよ

『人間には、3種類の人しかいない──物事を起こす者、起こるのを眺める者、そして「何が起こったのか」ときく者』。これは、アメリカのジャーナリストで有名コラムニストのアン・ランダースの言葉です。この中でリーダーとなるのは1番目の人ですが、日本のメディアはセンセーショナルであったり表象的であることが多いため、日本国民は3番目の人になりがちです。情報があふれている時代だからこそ、自分で情報を見極め、判断する力が必要となります。

また最近、経営者の前で話をする機会が多いのですが、そのときに「ありえない決断をしてください」と伝えています。例えば、パナソニック創業者の松下幸之助氏は、不況下でもリストラをせず社員を守り、会社を飛躍させました。アサヒビール元社長の樋口廣太郎氏もまたしかり。役員会で自分以外の役員が全員反対する中、スーパードライの発売を決定し、大ヒットに導きました。経営者やリーダーは、周りの人が反対したとしても、正しいと思えばやり抜く勇気を持っています。

これからのリーダーは、既存の見えないガラスの中で物を考えるのではなく、それを破った決断をできる人だと思います。もちろん失敗もあるでしょう。支えになるのは信念です。全員が反対しているときに、ありえない決断をする。それを意識できるかできないかで変わってくるのです。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#2 日本語は難しい言語?

2021.2.26

#2 日本語は難しい言語?

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 小森 和子
本質をつかむため、勇気を持って異端者になろう

2021.2.25

本質をつかむため、勇気を持って異端者になろう

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎
#1 在留外国人は日本語を学んでいるの?

2021.2.19

#1 在留外国人は日本語を学んでいるの?

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 小森 和子
外からの視点を取り入れ、新しい一歩を踏み出そう

2021.2.18

外からの視点を取り入れ、新しい一歩を踏み出そう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 光武 亜代理
#4 租税回避は安全な行為か?

2021.2.16

#4 租税回避は安全な行為か?

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 袴田 裕二

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2021.02.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.02.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.02.16

バイオマテリアルが、健康寿命を延ばす

2021.02.10

体に効く薬とはタンパク質に効く薬

2021.02.09

場のデザイン×ICTで 誰もが輝ける世界に

人気記事ランキング

1

2021.02.09

藻と光合成でつくるバイオプラスチック

2

2021.02.16

バイオマテリアルが、健康寿命を延ばす

3

2021.02.09

熟成肉を手軽に!? エイジングシートがフードロスを救う

4

2021.02.09

場のデザイン×ICTで 誰もが輝ける世界に

5

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム