明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

日本の農産品を世界に売り込むための強い味方

 地理的表示保護制度のメリットは、農産品に対する信頼と安心だけではありません。TPPが施行されると海外から安い農産品が流入し、日本の農業は大打撃を受けるといわれていますが、世界から見たとき、日本の食には信頼と魅力があります。この信頼と魅力をブランドとして守ることで、日本の農産品を世界に売り込んでいく後押しになると考えています。

 いま、地理的表示保護制度は、ヨーロッバ各国をはじめ、韓国、中国、アセアン諸国も導入し始めています。すべての国の制度がまったく同じというわけではありませんが、ヨーロッパの制度が国際標準のベースになっています。この制度を導入している国々に日本の商品を登録することで、模倣品から守ってもらえるようになるのです。例えば、近頃、外国のレストランで「オーストラリア産・神戸ビーフ」なるものを見かけるようになりました。いままでは取り締まるのが難しい状況でしたが、今後は、各国に「神戸ビーフ」の地理的表示保護の登録をしておけば、その国が取り締まりを行ってくれることになります。まさにブランド品を守るのと同じです。

 一方で、一部の国では「神戸ビーフ」が霜降り肉を意味する一般名称として使われ始めていて、これが定着してしまうと、「神戸ビーフ」という名称はみんなの共有財産ということになり、日本の「神戸ビーフ」が他者には名称を使わせない排他性を主張しても、受け入れられなくなってしまう恐れがあります。各国との間で一品ずつ登録申請していては時間がかかるので、二ヵ国間で登録商品のリスト交換をしておくことが迅速な対応につながるでしょう。

 この「オーストラリア産・神戸ビーフ」は、外国で日本食に人気があり、それにあやかろうとする一例でもあります。TPPが施行されると日本の農業は打撃を受けると考えるのではなく、本物の日本産品を売り込むチャンスであり、地理的表示保護はそれをしっかりサポートする強い味方になるのです。

社会・ライフの関連記事

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

2022.11.9

食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗
コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

2022.11.2

コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 盛本 圭一
ポストフェミニズムと言い切って良いの?

2022.10.19

ポストフェミニズムと言い切って良いの?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 大澤 舞
ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.9.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

  • 明治大学 法学部 教授
  • 堀田 秀吾

新着記事

2022.12.07

何のために科学を学ぶのか

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

連載記事