明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

マンガによる歌舞伎は、マンガにはない面白さを生み出せるか!?

矢内 賢二 矢内 賢二 明治大学 文学部 教授

2020年に始まったコロナ禍は、それまで当たり前にできていたものが、できなくなる状況を生みました。人が集まり、目の前の舞台を直接楽しむエンターテインメントもそのひとつです。しかし、古典芸能である歌舞伎には、そうした危機を何度も乗り越えてきた歴史があります。

コロナ禍によって打撃を受けた歌舞伎

矢内 賢二 コロナ禍で「人の集まる場所」はどこも大打撃を被りましたが、歌舞伎も例外ではありません。ようやく公演が再開しても、まず使用客席数が大幅に減らされ、ただでさえお客さんの減った客席はガラガラになってしまいました。

 次に公演時間が短縮され、例えば歌舞伎座では、従来は昼・夜の二部制だった公演が三部制や四部制のコマ切れ公演になったため、時間の短い演目や、出演者の接触を減らすために少人数で上演できる舞踊などが中心の演目立てになりました。

 時間の長い演目を上演しようとすると、大幅にカットしないといけなくなったわけです。

 さらに歌舞伎独特の変化としては、「大向こう」の禁止が挙げられます。客席からお客さんが「音羽屋!」「待ってました!」などと声を掛ける、あれです。

 幕間のお喋りや売店のにぎわいも含めて、劇場らしい華やかなざわめきは息を潜めてしまいました。

 そんな中、舞台に関わる現場の人たちは、「とにかく今できることを」と、それこそ血のにじむような努力と我慢をして公演を続けています。

 しかし、今後お客さんがどの程度戻って来るか、公演の形態がこの先どうなっていくかは、誰にもわかりません。

 もしかしたら、これが歌舞伎の上演スタイルやお客さんの感覚に、すぐには目に見えないような微妙な影響を与えるかもしれない、と想像することがあります。

 コロナ禍で、間隔の空いた座席や、短い公演時間に慣れてしまったお客さんは、ぎゅうぎゅう詰めの席で、コロナ以前のような半日がかりの公演を見せられても、くたびれて座っていられないかもしれません。

 大向こうが復活しても、コロナの時の静かな方が舞台に集中できて良かった、と感じるお客さんが増えているかもしれません。

 こうした変化が起きるとすれば、以前を知る者には少々残念なことですが、一概に悪いこととも思いません。

 なぜなら、演劇・芸能というものは、「今、この場所」で「目の前の観客」に支持されてしか鮮度を維持できないナマモノだからで、時勢による変化を単純に嘆いてもあまり意味がないからです。

 コロナ禍をきっかけに、歌舞伎を含めて演劇・芸能が果たしてどんな変化を見せるものか、あるいは、意外に少しも変わらず、何事もなかったかのように元に戻っていくのか、楽しみに注目していきたいと思っています。

社会・ライフの関連記事

現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

2022.9.14

現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 本所 靖博
単純にイエス、ノーと言えない産業動物のアニマルウェルフェア

2022.9.7

単純にイエス、ノーと言えない産業動物のアニマルウェルフェア

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 佐々木 羊介
「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.8.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 専任講師
  • 菊地 一樹
幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

2022.7.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広

新着記事

2022.09.22

時には立ち止まり、待つことをもっと意識しよう

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2022.09.15

人間力を高めて、魅力あふれる人を目指そう

2022.09.14

現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

2022.09.08

失敗を恐れない、チャレンジ精神を養おう

人気記事ランキング

1

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

連載記事