明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

高倉 成男 高倉 成男 明治大学 名誉教授(元専門職大学院 法務研究科教授)

消費者だけでなく熊本県も被害者

 実は、アサリの産地偽装問題はいまに始まったことではなく、過去にも度々、農水省や消費者庁が食品表示法により是正の指導を行っています。すると、業者は素直に偽装を是正しますが、しばらくすると、また、産地偽装を行うのです。これが繰り返されているのです。

 実は、国の機関などによる法の適用は、指導、命令、罰則の3段階で行われます。しかし、懲役刑や罰金刑が科される罰則までいくことはほとんどありません。それは、地域経済を支えている水産業を取り潰したくない、という思いがあるからだと思います。

 また、中国産の品質が向上し、安全面の問題が少なくなってきたからかもしれません。それに、市場のプロが見ても中国産と国産のアサリは同じで、見分けることができないほどです。

 すると、産地偽装をすることによって、消費者にとっては、本当の国産では手に入らないであろう希少なアサリをとりあえず買うことができるわけで、一応、みんなが丸く収まるような状況になるのです。

 では、このままで良いのかというと、もちろん、そんなことはありません。消費者にとっても都合が良いのだから、産地を偽っても良いということはありません。

 また、今回は、消費者だけでなく、熊本県のアサリ業者も被害者であるかもしれないのです。

 今回の問題が報道されたとき、熊本県産と偽っているのは熊本県のアサリ業者だと思った人は多いと思います。

 しかし、アサリを輸入しているのは熊本県内の業者に限りません。他県の業者が、古くからアサリの産地として知られる熊本県の名を勝手に騙っているケースが多いようなのです。

 だとすれば、なんとか熊本県アサリの伝統を守ろうと頑張っている県内の業者にとっては、たまったものではないでしょう。

 さらに、この被害は、熊本県のアサリ業者にとどまらず、最終的には消費者一般に及ぶことになるのです。

社会・ライフの関連記事

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.8.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 専任講師
  • 菊地 一樹
幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

2022.7.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事