明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

コロナ禍を都市政策の歴史的な転換点に

野澤 千絵 野澤 千絵 明治大学 政治経済学部 教授

住まい終活がまちを変える

 これ以上、空き家を増やさないようにするために、そして、空き家をまちの多機能化に資する活用を進めていくためにも、これからは「住まいの終活」が必要不可欠となります。

 要するに、住まいにも終活が必要な時代になっていることを、誰もが認識することが重要です。

 「住まいの終活」とは、相続が発生する前から、遅くとも空き家の初期段階までの間に、住まいの所有者や相続人となる家族等が、住まいを、円滑に責任ある所有者・利用者へ引き継ぐための選択肢を検討したり、そのための前提条件の整理や必要な情報の共有をしておくといった一連の活動のことです。

 確かに、相続した家には思い出や愛着もあるし、ご両親の思いも残っているようで、すぐに売ったり貸したりすることはしづらいかもしれません。

 しかし、空き家問題は、時間が経てば経つほど、解決に手間・時間・コストが増すといった特性を持っています。

 家を持っている全ての人が、「住まいの終活」をすることで、将来、家を相続する家族が、売却等の際に助かるだけでなく、地域にとっても、空き家の発生予防、空き家の活用を通じたまちの多機能化につながり、それがひいては、まちの世代交代を促すことになります。

 最近は、各地の自治体で、「空き家バンク」という相談窓口を設置するところが増えています。そこでは、地域の宅建業者や司法書士、弁護士などと連携していて、ワンストップで相談に応じてくれるところもでてきました。

 家族だけではどのようなところに相談してよいかわからないときは、そうした窓口で相談してみるのも良いでしょう。

 いま、私たちが空き家問題に悩んでいるのは、私たちの前の世代が住まいの終活を怠ってきたからです。私たちも同じように怠ると、問題をどんどん大きくし、次の世代に押しつけることになります。私たちから是非、流れを変えていきましょう。

 日本は、世界的なパンデミックという未曾有の事態だけでなく、世界に類を見ないスピードで進む高齢化、災害の多発化・激甚化など、極度の不確実性の中にある中で、コロナ禍は、人がより豊かに暮らせるまちのあり方を考えるきっかけにもなりました。

 今回の未曾有の事態をきっかけに、誰もが暮らしやすい持続可能なまちへとつくり変えていく都市政策として歴史的な転換点にしていくことが、この時代に生きることになった私たちの使命と言えるのではないでしょうか。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.12.1

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 宮田 憲一
里山の生物多様性を持続させるために必要なことは

2021.11.24

里山の生物多様性を持続させるために必要なことは

  • 明治大学 農学部 教授
  • 倉本 宣
税制度の基本は公平感を保つこと

2021.10.27

税制度の基本は公平感を保つこと

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 鈴木 孝直
コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉

新着記事

2021.12.02

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2019.11.19

#4 日本のアニメの特徴って?

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

リレーコラム