明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

藤井 陽一朗 藤井 陽一朗 明治大学 商学部 准教授

将来を思い巡らし、いまの行動を考える

藤井 陽一朗 若い人たちに、長生きリスクを考えてもらう教育プログラムとして、私は教室実験という手法を使ったアプローチが有効になると考えています。

 学生たちにとって、長生きリスクとは50年も60年も先のことで、そのための備えを説明してもイメージがつきません。

 そこで、教室内で、シミュレーションゲームのようにリスクの擬似的な体験をつくり出し、そのための予防行動としてなにが必要なのかをディスカッションしたりするのです。こうしたプログラムが、有効なナッジに繋がっていくものと考えています。

 要は、将来の立場や状況を思い巡らすことが重要であり、そこから逆算するように、いますべきことを考え、判断するということです。

 なので、社会人の方々も、ひとりで思い巡らすことが難しければ、身近にいる高齢者や、街やゴルフ場で見かけた高齢者でも構いません。ハッピーな様子の高齢者を見て、この人は自分の年頃にはなにをしていたから、いまハッピーなのだろうかと思い巡らしてみてください。すると、いま、自分にとって必要な行動が見えてくると思います。

 あらためて言いますが、いま、日本は人類史上初めての社会状況を進んでいます。従来の年金や保険制度は、この少子高齢社会では限界があることは明らかです。

 そこで機能する新たな社会制度の構築がまだ難しい現状では、私たち一人ひとりが、自分に適したハッピーを見出し、そのための行動をとることも重要だと思います。

 もうひとつの可能性として、これからの社会では、70代、80代の高齢者でも仕事ができるような環境が整えられていくことも考えられます。現在、各地で過疎対策などとして行われている取り組みがそのヒントになるかもしれません。

 高齢者が無理なく仕事が続けられるような社会になっていけば、健康であることの価値はさらに高まりますし、そもそも、長生きリスクの捉え方が変わるかもしれません。その可能性にも大いに期待し、注目しています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

2021.5.26

少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム