明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

藤井 陽一朗 藤井 陽一朗 明治大学 商学部 准教授

長生きリスクの分析は始まったばかり

 世界の多くの先進国は、少子高齢化の傾向にあります。そのなかで、日本は各国よりも15~20年先を行っています。すなわち、日本の状況こそ、人類が初めて経験する状況なのです。

 そのため、各国の保険分野の研究者たちは、日本の対応に関心を寄せ、注目しています。

 しかし、実は、平均年齢が80歳を超えるような社会に上手く機能する制度設計に必要なデータは、まだ不十分なのが実情です。

 例えば、長生きリスクには、金銭面と健康面の相互関係があると述べましたが、実は、高齢者の健康についてのデータの蓄積がなく、ここは、まさに未知の領域になっているのです。

 例えば、高齢者の病気の罹りやすさや、同時罹患の起こりやすさなどの確率の推定は、いまはまだ困難ですし、若い頃から不摂生な生活で生活習慣病などを発症した人と、規則正しい生活を保つことで健康を維持した人との推移や差異も、まだ分析が不十分です。

 すると、生活習慣によって変わる健康面が、金銭面にどう影響するのか、長生きリスクとして、その相互関係を正しく捉えることはできないのです。

 もちろん、そのような分析を待たなくとも、人々はそれぞれに長生きリスクと向き合い、それに備えた行動もとっているでしょう。

 それに対して、私たち研究者は、リスクを分析に耐えられるように、その意味を特定する作業とともに、数理モデルなどを構築して、人々がどのような予防行動をとるべきなのかを分析し、さらに、実験経済学の手法を用いて、個人の将来への認識、嗜好、不確実性に対する態度の測定を行っています。

 すなわち、リスクの確率がわからない不確実性の中で、人々はどういう意思決定をして、どういう備えをしていくことが考えられるのかを研究することが、私たちの先端トピックの1つになっています。

 その知見を活かすことが、政策提言や教育分野への反映に繋がるものと考えています。

社会・ライフの関連記事

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

2021.5.26

少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム