明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

川島 義高 川島 義高 明治大学 文学部 准教授

自殺企図者の約9割がなんらかの精神疾患に罹患していた可能性がある

 自殺により亡くなった人の約9割が、亡くなる前に何らかの精神疾患に罹患していた可能性があると報告されています。また、自殺企図後に救急医療機関を受診した患者さんにおいても精神疾患の罹患割合が高いことが私たちの研究でも示されています。

 しかし、自殺により亡くなった人の多くは、適切な精神医学的評価や心理社会的支援を生前に享受できていないといわれています。そのため、WHOはメンタルヘルスの向上が自殺予防の鍵になると訴えています。

 実際、自殺リスクの高い人は、興味や喜びの消失、希望のなさといった抑うつ症状や、心理的視野狭窄のために、自ら支援を求める力が弱くなっていたり、社会的に孤立した状態にあることが少なくありません。

 例えば、うつ病になると、こころの視野が狭くなったり、本来の思考力・判断力・思考の柔軟性が低下することがあります。気分が晴れていれば、自分には家族もいるし友人もいることに気づけますが、うつ状態になるとそれが見えにくくなるのです。

 自殺予防においては、精神医学的な治療に加えて、一人一人の生活背景や価値観に寄り添った心理社会的支援がとても重要になります。

社会・ライフの関連記事

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

2022.11.9

食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗
コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

2022.11.2

コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 盛本 圭一
ポストフェミニズムと言い切って良いの?

2022.10.19

ポストフェミニズムと言い切って良いの?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 大澤 舞
ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.9.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

  • 明治大学 法学部 教授
  • 堀田 秀吾

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事