明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

働き方改革は、「自分らしく働く権利」のために

明治大学 専門職大学院 法務研究科 教授 清野 幾久子

長時間労働の是正は最も必要なこと

 今回の「働き方改革」には、「長時間労働の是正」、「多様で柔軟な働き方の実現」、「雇用形態に関わらない公正な待遇の確保」という3つの柱があります。

 まず、長時間労働の是正は、最も必要なことだと思います。今回初めて100時間越えの場合の罰則が法定されました。今回の働き方改革の重点項目です。実は今まで、労働基準法では残業時間の上限が定められていませんでした。それは、労使の合意(労使協定)で取り決めることになっていたのです。

 労使の合意で決められていた、ということからすると、企業側からのみならず、働く側も、長時間労働を希望していたのでその合意がなされていた、ということになります。それは、残業手当の問題もあったと思います。ここに、長時間労働がなぜ今まで是正されなかったのか、ということの理由の一つがあります。

 このことの意味は重要です。働き方についての「考え方」にかかわることだからです。「良い労働環境で働き続ける権利」の観点からすると、長時間労働良し、の考え方は変える必要にせまられているといえるでしょう。一方で残業代がなくなる収入減も心配ですが、そこには工夫も必要でしょう。「日本は過労死大国」という汚名を返上するためにも、AIやITなどを積極的に活用して生産効率を上げて労働時間を減らし、手当よりも基本給を上げていくことを労使ともに協議して考えるべき時期です。そうしていきながら、長時間働くことを良しとする風土を変えることが必要です。

 高度経済成長期は、「夫は外で働き、妻は家で家事」という片働き社会でした。男女ともに働いて生きていく、ということを前提とすれば、現在ではこの原則は幻影であり、もはや通用しなってきています。例えば、いま、独身で、若くて体力もあり、仕事が充実していて、何時間でもいくらでも働きたいという人がいたとしても、その人は、結婚して家庭をもっても、そのスタイルで働き続けることができるでしょうか。子どもが生まれたら、自分が年をとったら、自分が病気になったら、あるいは、配偶者や子どもが病気になったら、それでも、長時間労働ができるでしょうか。

 長時間労働は、「だれか家に人がいる」、家に自分を支えてくれる人がいる働き方です。現実にはそのような家庭はわずかでしょう。そして、そのだれかの働く権利や働くことによる自己実現はどこにいってしまうのでしょうか。長時間労働の是正は、この「だれか」のことも考え、すべての人にとって働き続けられる環境をつくる、という観点で捉えることが重要なのです。

 また、国会でも問題になった高度プロフェッショナル制度は、やはり、人間らしく持続的に働くという観点からすると、制度として厳しいのではないかと考えます。「選ぶ自由」があるとしても、会社から高プロ契約を打診されて拒否することは、雇われている身としては難しいでしょう。

 そして、会社から高プロと認められたとなれば、仕事の質を上げ、成果を上げるために、長時間労働に歯止めがかからなくなる恐れがあります。1075万円以上の年収が条件ですが、それとひきかえの歯止めなき労働。健康を守るためにも、ある程度、一定の時間内で働くことが必要です。

 また、現在は適用される業種が5つに限定されていますが、所轄大臣の出す省令で業種が拡大されていく可能性があることも懸念されます。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

人気記事ランキング

1

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

2

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム