明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

災害大国日本では、保険が中小企業を救う!?

明治大学 商学部 准教授 浅井 義裕

保険などの対策だけでは不十分

浅井 義裕 地震保険に加入していれば、復興(売上高などの回復)は順調に進むのでしょうか。筆者達が進めている分析によれば、まず、保険に加入していなかったところと比べると、地震保険に加入していた企業では、確かに復興が進んでいて、保険の有効性は間違いなく認められます。ところが、受取った保険金の額で見ていくと、受取額が大きいところは、復興が遅れているという分析結果が出ているのです。なぜか。おそらく、保険金の受取額が大きいということは、それだけ大きな被害を受けているということであり、すると、いくら保険金を受取っても、復興が順調に進まないのではないかと考えられるのです。つまり、地震保険が復興に有効なのは、被害が小さな規模のときであるという可能性を指摘できます。まだデータの分析途中で、もっと精査していかなければいけませんが、ここまでの分析が正しいとすれば、復興における保険の役割は重要ではあるものの、大きな自然災害に対するリスクマネジメントとして、保険に頼り切るのは危険であるということがいえます。

 リスクマネジメントには大別して2つの方法があります。保険はロスファイナンスやリスクファイナンスと呼ばれ、地震についていえば、地震発生後に発生した損失を埋め合わせるために資金を入手する方法です。それに対して、発生する損失の頻度、損失額を軽減し、予想される損失額を減少させる方法は、ロスコントロール、リスクコントロールと呼ばれます。地震に関して言えば、発生する頻度をコントロールすることはできないので、予想される損失額を減少させる行動のことを意味します。例えば、工場や社屋に耐震補強を施すことでしょうか。ロスコントロールもロスファイナンス、どちらも未来の被害を予測して行うリスクマネジメントで、当然、費用がかかります。中小企業の場合、資金的に余裕のあるところは決して多くありません。そこで、筆者達の分析結果を踏まえながら、費用対効果の高いリスクマネジメントはどちらなのかと考えてみると、地震の被害が大きくなりそうだと予測する場合は、まずは、ロスコントロールが有効であるということになりそうです。

社会・ライフの関連記事

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 松尾 卓摩
行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 西村 弥
あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

2018.11.21

あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 平石 久廣
IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

2018.11.7

IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 萩原 統宏

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.01.09

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.05

明治維新には、多くの“西郷どん”たちの必死の努力の集約がある

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム