明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

災害大国日本では、保険が中小企業を救う!?

明治大学 商学部 准教授 浅井 義裕

企業向け地震保険は、中小企業にとっては負担が大きい

 リスクマネジメントといえば、保険を思い浮かべる人が多いでしょう。実際、地震保険に加入している人も多いかと思います。実は、家計向けの地震保険は、ノーロス・ノープロフィットの原則に基づいて、利益も損失も出ないように運営されていて、企業向けの地震保険に比べれば、保険料が安いという面があるのです。ただし、保険金には限度が定められており、被害のすべてを補償するわけではありません。つまり、地震保険で支払われる保険金は、地震によって損害を受けた建物・家財をもとに戻すためではなく、生活を再建していくきっかけの資金としての性格が強いのです。また、支払額が数兆円に達する場合は、政府が大部分の保険金を支払う仕組みになっています。すなわち、家計向けの地震保険は、公的な保険としての性格を有しているのです。これによって多くの人が加入でき、有効なリスクマネジメントの手段になっているわけです。それに対して、企業向けの地震保険(地震危険補償特約として、火災保険の特約として契約することが一般的)には政府の支援はありません。保険会社は保険金の支払いが巨額になることを警戒して、地震保険の引き受けに二の足を踏むこともあります。実際、東日本大震災直後は、地震保険の新規引き受けの一部を停止しましたし、筆者の行った調査でも、地震保険に加入しようとした中小企業のうち約3割の企業が、保険の引き受けを断られたと回答しています。つまり、企業向けの地震保険は、保険会社の商品として売られているので、加入を希望しても加入できないことがあります。また、保険料が高くなれば、加入できたとしても、特に、中小企業にとってはその負担は大きくなってしまうのです。

社会・ライフの関連記事

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

2019.2.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 清水 有子
日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.1.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 山部 俊文
物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 松尾 卓摩
行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 西村 弥

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.03.20

外国人労働者受け入れ拡大の成功には教育の力が必要!!

2019.03.13

安いバイオプラスチックの登場まで、海洋汚染の限界はもつのか

2019.03.06

東京2020ボランティアに秘められたメッセージ

2019.02.27

株式投資は「愛ある金融」に変わり始めている

2019.02.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

人気記事ランキング

1

2016.05.18

世界が注目する折紙工学~明治大学の折紙工学研究拠点~

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2019.03.13

安いバイオプラスチックの登場まで、海洋汚染の限界はもつのか

4

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム