明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

災害大国日本では、保険が中小企業を救う!?

明治大学 商学部 准教授 浅井 義裕

企業向け地震保険は、中小企業にとっては負担が大きい

 リスクマネジメントといえば、保険を思い浮かべる人が多いでしょう。実際、地震保険に加入している人も多いかと思います。実は、家計向けの地震保険は、ノーロス・ノープロフィットの原則に基づいて、利益も損失も出ないように運営されていて、企業向けの地震保険に比べれば、保険料が安いという面があるのです。ただし、保険金には限度が定められており、被害のすべてを補償するわけではありません。つまり、地震保険で支払われる保険金は、地震によって損害を受けた建物・家財をもとに戻すためではなく、生活を再建していくきっかけの資金としての性格が強いのです。また、支払額が数兆円に達する場合は、政府が大部分の保険金を支払う仕組みになっています。すなわち、家計向けの地震保険は、公的な保険としての性格を有しているのです。これによって多くの人が加入でき、有効なリスクマネジメントの手段になっているわけです。それに対して、企業向けの地震保険(地震危険補償特約として、火災保険の特約として契約することが一般的)には政府の支援はありません。保険会社は保険金の支払いが巨額になることを警戒して、地震保険の引き受けに二の足を踏むこともあります。実際、東日本大震災直後は、地震保険の新規引き受けの一部を停止しましたし、筆者の行った調査でも、地震保険に加入しようとした中小企業のうち約3割の企業が、保険の引き受けを断られたと回答しています。つまり、企業向けの地震保険は、保険会社の商品として売られているので、加入を希望しても加入できないことがあります。また、保険料が高くなれば、加入できたとしても、特に、中小企業にとってはその負担は大きくなってしまうのです。

社会・ライフの関連記事

IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

2018.11.7

IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 萩原 統宏
20世紀から21世紀の快適へ、スマートコミュニティが始まっている

2018.10.24

20世紀から21世紀の快適へ、スマートコミュニティが始まっている

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 福山 良和
「マジョリティ」が創り出す「他者」としてのLGBT?

2018.10.17

「マジョリティ」が創り出す「他者」としてのLGBT?

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 兼子 歩
集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柳 憲一郎
「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

2018.9.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

  • 明治大学 法学部 教授
  • 山田 道郎

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.11.07

IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

2018.10.31

プログラミング教育が普及するほど、日本のSEは減っていく!?

2018.10.24

20世紀から21世紀の快適へ、スマートコミュニティが始まっている

2018.10.17

「マジョリティ」が創り出す「他者」としてのLGBT?

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

5

2018.11.07

IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム