明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

がん要因の45%は予防可能!! それを知らずに生活するのは危険

宮脇 梨奈 宮脇 梨奈 明治大学 文学部 専任講師

1981年から、日本人の死因のトップはがん(悪性新生物)です。がんは死につながる病気、罹患後に対処すべき病気と思われがちですが、医療技術や予防技術が進歩しても、その情報が正しく伝わらない、ヘルスコミュニケーションにも問題があるという指摘があります。

がんのリスク要因の約45%は予防可能

宮脇 梨奈 現在、日本人の2人に1人はがんに罹患し、死因の約3割はがんであり、しかも依然として、がんによる死亡者数は増加傾向にあることは、一般にもよく知られていると思います。そのため、がんは怖い、罹患したら死亡する、というイメージが強いと思います。確かに、がんは怖い病気かもしれません。ところが、一方で、がんのリスク要因の45%は予防が可能であることは、あまり知られていません。例えば、「国立がん研究センター」、いわゆる「がん研」の存在は多くの方が知っていると思いますが、そのがん研が「がん情報サービス」というサイトを運営し、一般の人たちに向けて、がんに関する様々な情報を発信していることを知っている人は少ないのではないでしょうか。そこには、エビデンス(科学的根拠)に基づいたがんの予防方法がわかりやすく表示されています。ところが、多くの人たちはこうした予防情報に触れる機会が少ないため、予防情報が知識とならず、結果、予防行動につながらず、罹患者数や死亡数も減少しないという悪循環になっているのです。こうした状況をエビデンス・プラクティス・ギャップなどといいます。科学的根拠に基づきがんリスクを低減させることが明らかとなっている取組みが、実際の行動では十分に実践されないことです。人々に情報がなかったり、正しい情報が伝わっていなかったりするために、こうした状況が起こります。このギャップを埋めるためには、正しい情報を普及させることが必要ですが、そのとき、影響が大きいもののひとつが、いわゆるマスメディアになると私は考えています。

社会・ライフの関連記事

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

2021.9.1

肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

2021.8.27

人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人
パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム