明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

環境保全は企業に利益をもたらす ―求められるエコ・テクノストラクチャーとエコ・プロシューマ―

明治大学 政治経済学部 教授/明治大学「エコ・グッズ,サービス&ビジネス博物館」館長 大森 正之

ライフスタイルの革新が求められる

 学生たちと共に進めている取り組みの一つに、明治大学がある東京・千代田区のエコ推進活動がある。千代田区は環境モデル都市に認定されており、地球温暖化およびヒートアイランド対策が目下のテーマだ。具体的には、「緑化ビル」の普及・促進である。「緑化ビル」はエアコン使用を抑制し、地球温暖化防止に繋がる。緑化の現場10数ヵ所をピックアップし、ビルオーナーからヒヤリングし課題抽出を進めている。目指すのは、地域独自の「千代田緑化ビル認証制度」の区への提言である。さらに今後進めていきたいのが、街路の緑化である。千代田区全体を三重の街路樹の回廊で包み込むという構想を描いている。
 この「緑化ビル」のように、近年は消費者が環境問題の解決に直接参画できる多様な回路が拓かれている。着目すべきは、太陽光などの自家発電によって余剰電力を電力会社に販売できることが可能になったことである。単なる消費者ではなく、生産もできる消費者である点に大きな可能性がある。生産者の機能の一部を分担することで省エネ意識が生まれ、それは、ライフスタイル全般を環境の視点から見直すことに連動する。環境問題は技術革新だけで解決するものでなく、消費者がライフスタイルを革新することが必要なのだ。エコ・イノベーションを促進する環境志向の生産消費者である「エコ・プロシューマ(プロデューサーとコンシューマから成る造語)」の養成は、「エコ・テクノストラクチャー」の育成同様に重要なテーマであり、大学のみならず社会全体でその人財を育成することを提言したい。

※掲載内容は2013年12月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

2020.5.27

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 藤井 陽一朗
自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

2020.4.15

自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

  • 明治大学 国際日本学部 専任講師
  • 田中 絵麻
所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

2020.3.25

所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 片野 洋平
幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

2020.3.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 鈴木 秀彦
公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

2020.2.26

公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 西出 順郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム