明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

環境保全は企業に利益をもたらす ―求められるエコ・テクノストラクチャーとエコ・プロシューマ―

明治大学 政治経済学部 教授/明治大学「エコ・グッズ,サービス&ビジネス博物館」館長 大森 正之

実証された「公害防止は儲かる」仮説

 公害防止のノウハウ・装置の販売によってそれらの開発投資を回収し、「儲け」を生み出すという考え方は欧米に端を発する。ある大手化学メーカーが考案・採用し推進した「公害防止は儲かる(Pollution Prevention Pays=3P)」計画がそれである。その実証を踏まえ1970年代末に環境経営学者M.ロイストンが、「公害防止は儲かる」を著作のタイトルとした3P仮説を提唱、その仮説は先進国の多くの企業事例で実証された。
 国内でも「公害防止は儲かる」ことを実証した企業は少なくない。たとえばある繊維メーカーは、自社工場の公害対策として大気汚染防止装置や水処理装置などのエコ技術を開発、それを装置化および特許化して他社に販売、さらに米国企業にも技術供与した。これらの収入は自社開発費を補填するに十分であり、利益の捻出に寄与したと考えられる。
 また、ある化学メーカーでは大気汚染対策として、排煙脱硫装置を開発・稼働させ、それら装置を同業種および他業種に幅広く販売した。さらに前出の繊維メーカー同様、海外への技術輸出などによって確実な利益を得た。
 これら環境保全的な志向性を表出し、企業の意思決定に関与した人的資源を端緒的な「エコ・テクノストラクチャー」と呼ぶ。かつての彼らの取り組みは、技術的には汚染物質の末端処理を目指した対症療法的なものだった。80年代以降、予防措置優先の原則を内面化し、省資源・省エネ効果をも包括した総合的な汚染対策を志向する本格的な「エコ・テクノストラクチャー」が登場し現在に至っている。その育成も私のミッションの一つである。

社会・ライフの関連記事

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

2020.5.27

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 藤井 陽一朗
自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

2020.4.15

自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

  • 明治大学 国際日本学部 専任講師
  • 田中 絵麻
所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

2020.3.25

所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 片野 洋平
幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

2020.3.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 鈴木 秀彦
公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

2020.2.26

公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 西出 順郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム