明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

中村 孝博 中村 孝博 明治大学 農学部 教授

近年、「時間治療」とか、「社会的時差ボケ」、「体内時計ダイエット」などという言葉を耳にするようになりました。いずれも、私たちの身体に組み込まれている体内時計の機能を考えたものです。一体、体内時計とは私たちの身体でどんな役目を果たしているのでしょうか。知られていないことがたくさんあるようです。

体内時計は、生物の生存に関わっている

中村 孝博 体内時計は、さまざまな周期のリズムがありますが最も研究が盛んで、よく知られているのが、約24時間のリズム(概日(がいじつ)リズム)です。人の場合、約24時間の体内時計がさまざまな身体の機能調節を行っていることはご存じの人も多いと思います。例えば、朝、明るくなると私たちの身体には活動のスイッチが入り、夜、暗くなると、休むというスイッチが入るのは、体内時計の機能です。その仕組みを少し詳しくいうと、昼は活動に必要な臓器の機能が優位に働くようにホルモンなどの生体物質が分泌されるのですが、その時間的制御を行っているのは、脳の視床下部にある視交叉上核という神経核です。視交叉上核は外界の光などの情報を基に、24時間のリズムの情報を全身に発信しているのです。例えば、朝の光を感じて各臓器が働きだすのは、単に視床下部が光を感じてホルモンを分泌するのではなく、光を感じたことで視交叉上核が、いわば1日のスタート時間を認識し、その情報を全身に送ることで各臓器を働かせ、人の身体は活動状態になっていくのです。つまり、視交叉上核は中枢時計であり、外界の光は、この時計に時間を知らせ、針を調節するような役割なのです。

 こうした体内時計が狂うとどうなるか。海外旅行などで時差ボケを体験した人も多いと思いますが、これは、移動によって起こる新しい光環境に体内時計がすぐに適応できないために起こる体調不良です。中には、海外に行っても時差ボケがないと言う人もいますが、実は、それは体内時計が壊れているからかもしれず、あまり歓迎することではありません。

 いま、地球上に生息するほぼすべての生物が体内時計をもっていて、何らかのリズムを刻んでいます。人のように約24時間の概日リズムを顕著に示す生物であったり、海洋生物の中には月に応じたリズムで生殖活動をするものもいたり、1年間のリズムで回遊している魚もいます。動物に限らず、植物や菌類に至るまで体内時計をもっています。それは、その生物が生存していくために獲得してきた非常に重要な機能なのです。人の行動パターンが昼行性であるのも、それが人の生存に適しているからです。例えば、野性のネズミを捕まえてきて、脳内の中枢時計を壊す実験をすると、それですぐに死ぬことはありませんが、そのネズミを自然界に戻すと、餌を得られなくなったり、捕食されたりして死んでしまいます。つまり、いま地球上に生息する生物のほぼすべてが体内時計をもっているのは、しっかりとした体内時計をもち得なかった生物は地球上から淘汰され、生き残ることができなかったからなのです。その体内時計を、自ら狂わせるような生活をし始めたのが現代人です。

社会・ライフの関連記事

食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

2022.11.9

食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗
コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

2022.11.2

コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 盛本 圭一
ポストフェミニズムと言い切って良いの?

2022.10.19

ポストフェミニズムと言い切って良いの?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 大澤 舞
ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.9.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

  • 明治大学 法学部 教授
  • 堀田 秀吾
現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

2022.9.14

現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 本所 靖博

新着記事

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

人気記事ランキング

1

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事