明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

明治大学 法学部 教授 石井 美智子

生殖補助医療法の制定のためには国民的議論が必要

 なぜ、こうした事件が起こり続けるのか。それは、日本では、社会情勢の変化や技術が進む生殖補助医療に対応する法整備をまったくしてこなかったからなのです。例えば、生殖補助医療は、どこまで許されるのか。凍結受精卵はいつまで保存して良いのか。同意書の取り方はどうするのか。生まれた子の親は誰なのか。何の法律もないのです。日本産科婦人科学会が会告で規制していますが、拘束力はありません。同学会は、卵子提供を認めていませんが、生殖補助医療を実施しているクリニックでつくる日本生殖補助医療標準化機関は独自のガイドラインで卵子提供を認め、2017年5月末までに76件の卵子提供が承認され、37人の子どもが生まれているそうです。その多くは、姉妹や友人等、知り合いからの卵子提供ですが、今年の3月には、NPO法人の卵子バンクを通じて提供された匿名の第三者の卵子による体外受精で初めて子どもが生まれたとの報道がありました。また、卵子提供や代理母出産を求めて海外へ行く生殖ツーリズムも盛んです。台湾で卵子提供を受けた日本人女性は2014~16年の3年間に少なくとも177人に上り、出産した女性は96人、生まれた子どもは110人いるとの報道もありました。日本の若い女性がお金のために、安全が確保されているのかわからない海外で卵子提供を行うケースも増えているそうです。世界中が同じ倫理観や価値観で共通の規則をつくるのは難しいことですが、少なくとも、まず、日本国内で生殖補助医療に関する法律を整える必要があります。このままでは、混乱も紛争も増えるばかりです。それは、一部の医療関係者や政治家に任せるのではなく、国民的にきちんと議論をしたうえで、法律を定めることが必要です。このままでは、子どもを授かりたいと願い、生殖補助医療を受けて、ようやく生まれた子どもの福祉や権利が損なわれる危険があります。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム