明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

不妊のメカニズムを解明する新たな研究

加藤 幸雄 加藤 幸雄 明治大学 農学部 教授

不妊のメカニズム解明につながる期待も

 ラットの実験では、ヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼによって精子ができなくなり、雄が不妊になることが判りましたが、人ではどうなのか判りませんでした。しかし、中国の産婦人科の医師と共同研究することができ、不妊の男性のサンプルをもらって調べたところ、ヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼが精巣で発現しているケースがあることが判ってきました。しかし、ヘルペスウイルスに感染したからといって、すぐに不妊になるというわけではありません。何らかの要因でヘルペスウイルスが精巣で発現したときに、精子形成に異常が起こると考えられます。その要因が何であるのか、また、なぜヘルペスウイルス遺伝子、特にヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼが発現することで精子を作る能力がなくなってしまうのか、それは判っていません。例えば、下垂体でこの酵素遺伝子が発現しても、周りの細胞に何の変化もないのです。精子形成に影響を及ぼす原因の特定については、まだまだ研究が必要です。

 今後、この研究がさらに進展し、ヘルペスウイルスの感染が男性不妊の原因のひとつであり、その機序が判れば、診断法の開発や、治療法、治療薬の開発につながっていくと思います。また、この研究によって精子ができる仕組みの基本的なことが判れば、精子形成をより安定にする方法が開発でき、生殖能力の向上につながるかもしれません。さらに、精子形成過程で円形精子細胞においてヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼが発現すると、精子形成の異常や不全が起きるのですが、その仕組みが判れば、精子形成を完全にシャットアウトするのではなく、服用したときだけ精子形成を崩す男性避妊薬を開発することもできるかもしれません。ひとつの基礎研究の成果が、様々な形で応用につながっていくのです。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.06.24

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

人気記事ランキング

1

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

5

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

リレーコラム