明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

SIMロック解除を機に考えたいリスク管理

新美 育文 新美 育文 明治大学 法学部 教授

今年(2015年)5月、SIMロック解除の義務化がスタートしました。これで、日本の携帯電話環境も世界基準になると喜ぶ人が多いですが、利便性を享受するだけでなく、携帯電話やインターネットのリスクについても、私たちユーザーはより高い意識をもつ必要があります。

利便性だけに目を奪われることなくリスクを意識することが重要

新美 育文 総務省の指導により、携帯電話のSIMロック解除の義務化が5月からスタートしました。ただし、端末購入後、約半年が経過していること等の条件があるため、この11月頃から、解除を求める人が増えていくことと思われます。ユーザーにとっては、特定の通信事業者に縛られることがなくなり選択肢が増えることによって、事業者間の競争が促され、サービスの向上や料金の低下などにつながることが期待されます。また、ガラパゴス化などと揶揄される日本の携帯電話端末や市場が、世界基準となっていくきっかけになるかもしれません。私も、海外の学会などに行くと、携帯電話端末を貸してくれと知り合いから言われ、貸すと彼は自分のSIMカードを挿して通話するという体験をよくします。日本でもこのようなことが当たり前になるかもしれません。

 反面、日本人はこうした環境に対応できるのだろうか、という危惧があります。ヒト、モノ、サービスなど、あらゆるものが携帯電話やインターネットを通じて結びつく社会が実現しつつある現代社会においては、利便性が高くなると同時に、それにともなうリスクも大きくなります。通信やインターネットシステム、また、これに関わる法制度の整備も不可欠ですが、同時に、そうした便利な通信やインターネットを利用する私たち自身が、それらリスクの予防、回避の方法を十分に理解する必要があります。日本人は利便性に目を奪われがちで、そこに生じるリスクにナイーブ過ぎる面があります。もちろん、ユーザーにとって安全で安心な環境を構築することが重要ですが、現状では、自らを守る意識をしっかりもつことも非常に重要です。

IT・科学の関連記事

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2021.10.6

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 湯淺 墾道
AI活用が進まない日本の法曹界は世界から三流国と見なされる

2021.9.29

AI活用が進まない日本の法曹界は世界から三流国と見なされる

  • 明治大学 法学部 教授
  • 太田 勝造
考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.9.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 若野 友一郎
気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.8.5

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 矢﨑 友嗣
がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム