明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

浜本 牧子 浜本 牧子 明治大学 農学部 教授

活性酸素を消去するカロテノイド

 では、こうした活性酸素を抑えることはできないのか。実は、私たちのからだには、活性酸素が過剰に蓄積されることを防ぐ抗酸化防御機能があります。それは、活性酸素を消去する内在性の抗酸化酵素です。

 ところが、この内在性の抗酸化酵素は加齢とともに生産されにくくなっていきます。つまり、加齢とともに体内には活性酸素が蓄積されやすくなるのです。

 そこで、内在性の抗酸化酵素の減少を補う物質を摂取することが有効になってきます。こうした物質を外因性の抗酸化物質といい、代表的なものの一つがカロテノイドです。

 カロテノイドとは、微生物や藻類、植物、動物に広く分布する赤色、橙色、黄色の天然色素のことです。一般に、トマトのリコペンや、ニンジンのβ-カロテンがよく知られていると思います。

 人を含めて動物は自らの体内で合成することはできませんが、カロテノイドを生産する植物などを摂取することにより、体内に取り込むことができます。

 例えば、鮭も自らカロテノイドを生合成することはできませんが、植物プランクトンなどに由来するカロテノイドを取り込むことによって、その身がサーモンレッドと言われるきれいなオレンジ色になるのです。

 カロテノイドは、一重項酸素に対して強い抗酸化作用を発揮します。カロテノイドは、不安定な状態の一重項酸素からエネルギーを受け取り、それを熱として放出します。

 エネルギーを失った一重項酸素は安定した三重項状態に戻ります。つまり、不安定状態で活性の強い活性酸素が、安定した状態の通常の酸素に戻るわけです。これを活性酸素の消去と言います。

 カロテノイドの基本構造は、大きく2つの部分から構成されています。この2つの部分の組み合わせ等により、数多くの構造が存在し、現在、750種類以上の天然カロテノイドが報告されています。

 カロテノイドが有意な一重項酸素消去活性を示すには、ある構造をもつことが必要で、その構造によって、その消去活性の強さが異なります。また、赤色が強いカロテノイドほど一重項酸素の消去活性が強いことが知られています。

 これらのことは、様々なカロテノイドの特性を把握することによって、カロテノイドをより有効に利用できる可能性があることを示しています。

IT・科学の関連記事

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎
あなたが見てるものは、実際のものではなく、錯視かもしれない

2022.4.6

あなたが見てるものは、実際のものではなく、錯視かもしれない

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 先端数理科学インスティテュート 研究特別教授
  • 杉原 厚吉

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事